牝馬として64年ぶりにダービーを制すなど、G1・7勝を挙げたウオッカが、蹄葉炎のため1日に死んでいたことが3日、明らかになった。15歳だった。

現役引退後は繁殖牝馬としてアイルランドで繋養されていたが、2月23日から英国ニューマーケット近郊の牧場に移動。3月10日の早朝、スタッフが馬房内で右後肢の異変に気付き、病院に搬送されたという。その後は右後肢第3指骨粉砕骨折が認められ、手術を行うなど回復に向けての処置が続けられたものの、両後肢に蹄葉炎が発症。回復の見込みがなくなったことから、1日の午後に安楽死処分となった。

過去10戦で手綱を取った武豊は「僕にとって大変思い出深い馬でした。名馬と呼ぶにふさわしい馬だと思います。ファンの多い馬でしたし、本当に残念なニュースです。ご冥福をお祈りします」とコメントした。



同馬は北海道静内町のカントリー牧場で生を受け、栗東・角居勝彦厩舎へ入厩。06年10月29日の京都でデビューした。同年の阪神JFをレコードで制して2歳女王に。翌年の桜花賞はダイワスカーレットに敗れて2着に終わったが、次戦はオークスではなくダービーを選択。1937年ヒサトモ、43年クリフジに続く史上3頭目の牝馬制覇を果たした。

その後は同世代のライバル・ダイワスカーレットとの激闘の末、約2センチ差で08年天皇賞・秋を制すなど、日本競馬界のトップホースとして君臨。08&09安田記念連覇、ヴィクトリアマイル、ジャパンC-。積み上げたG1タイトル7勝は記録として言うまでもなく立派なものだが、その勝ちっぷりも含め、記憶にも残る名牝だった。

10年ドバイワールドCを最後に現役を退く予定だったが、前哨戦のマクトゥーム・チャレンジ・ラウンドワールド3(8着)後に鼻出血を発症。本番を走ることなく引退した。その後は繁殖牝馬に。現在、産駒ではタニノフランケル(父フランケル)がオープン馬として活躍している。




蹄葉炎(ていようえん)とは

蹄葉炎(ていようえん)は有蹄類の蹄部で発生する疾病のひとつであり、馬や牛で発生が報告されている。

蹄葉炎を発症し死の転帰を迎えた主な馬

※死の原因が必ずしも蹄葉炎とは限らない

テンポイント(✝ 1978年)
スリージャイアンツ(✝ 1981年)
Secretariat(✝ 1989年)
Nijinsky II(✝ 1992年)
トウショウボーイ(✝ 1992年)
トシグリーン(✝ 1993年)
サンエイサンキュー(✝ 1994年)
ミスターシービー(✝ 2000年)
マックスビューティ(✝ 2002年)
サンデーサイレンス(✝ 2002年)
Conquistador Cielo(✝ 2002年)
リアルシャダイ(✝ 2004年)
アグネスフローラ(✝ 2005年)
Barbaro(✝ 2007年)
アイポッパー(✝ 2008年)
Sunline(✝ 2009年)
Pleasant Tap(✝ 2010年)
サッカーボーイ(✝ 2011年)
シンコウラブリイ(✝ 2011年)
ウオッカ(✝️2019年)

出展:Wikipedia -蹄葉炎-

ネットの反応まとめ

たくさんの感動と興奮を有り難う!貴女は競馬史にの記憶にも記録にも残る本当の名牝でした。合掌。
こんなに早く亡くなるとは辛いです。素晴らしい名馬で現役時代からずっと応援してました。
たくさん仔馬を生んでくれましたので、彼女の血が未来につながることを願います。さよならウオッカ…。
ウオッカを超える牝馬は、そうそうでないでしょう
競馬を面白くしてくれた平成を代表する名馬

タニノギムレットは産駒成績は残念ながらふるわないが、代表産駒がよりにもよってウォッカだもんな。ど派手なパフォーマンスだった。残った牝系が繁栄してほしい。

もし、ディープインパクトとの産駒が誕生してたら、どんな馬になったんだろうか?
ディープインパクトを付ける事は、おそらく無かったのだろうけど、夢が夢で終わった感じがして、寂しい気持ちでいっぱいだ。
ウオッカは確かに成績も優秀ですが自分の中では記録よりも記憶に残る名牝でしたね。ゴール前の接戦には必ず勝っている勝負強いお馬さんでした。ご冥福をお祈りします。
残念です( ノД`)…
唯一の救いは彼女の産駒に3頭牝馬がいるので
ウオッカの血は残るし大物が出る可能性があるのが救いです。
ダービーを府中で見ました。パドックでウオッカのところだけ光があたって、オーラが出てるようでした。関係者も皆にこにこしてて。でも買えなかったんですけどね。
子孫からいずれまた大物が出て、血脈をつないでいって欲しいです。
本当に残念。当時は府中専用機とか呼ばれてたけど府中であれだけの成績残せるんだから本当に立派だったと思う。幸いなことに名馬はでていないけど多くの牝馬を残してるしこのまま血が残ることをお祈りいたします。
あの強烈な切れ味は、記録よりも記憶に残る馬だった。
残された子から大物が出てほしい。




日本ダービー優勝したけどあれが現状最後の牝馬によるクラシック三冠レース勝利。今後出ないと思う。合掌。
08年の天皇賞秋は最高の名勝負でした。
安らかに。
ダイワスカーレットが好きだったんだけど、ウオッカというライバルが居たから更に盛り上がった。安らかに眠って下さい。
ウオッカありがとう!
お疲れ様でした!
貴女を阪神JFで見て ダービーに出ないかなぁ…と思い描いて…
その通り出走してくれて…
勝利してくれて…
その後も数々のG1勝利してくれて…
貴女に夢中でした
今なお貴女の産駒が出る度に貴女を追い掛けていた頃の様に追い掛けてます
ゆっくり眠って下さいね……
あの走りを見るため、競馬場に行くのが楽しみやったな。
僕が競馬を好きになるきっかけになった馬。
当時高校生だった2008年の天皇賞のあの興奮は一生忘れないと思う。
ありがとうウオッカ。
歴史的名馬!
東京では無敵だったなぁ
日本競馬に偉大な功績を残したことは間違いない。
残念ですね。
ダービー制覇や秋天も凄かったけど、やっぱり2009年の安田記念は忘れられない。
ダービーで牡馬をねじ伏せた姿はまさに女戦士。府中では無敵だった。早逝が残念です。



ウオッカとダイワスカーレットの一騎打ちは忘れられない…

とにかく府中ではマイルからクラシックディスタンスまで、凄まじく走った。

強い牝馬だった。

展開に左右されずに全連対、どこの競馬場でも強かったダイワスカーレットのほうが‥とは、個人的に思っている部分はあるけど‥

競馬史に名を残すのはウオッカだろうな‥牝馬のダービー馬でG1を7勝というのはそれくらい偉大。スター性があった。。
ウオッカが何年も頑張ってくれたおかげで、盛り上がったよ。

これはショック過ぎる。。。
まだまだウオッカの子供見たかった。ご冥福をお祈りします。
この馬のレースは、いつもドラマのようだった。
ご冥福をお祈りいたします。
最初嘘って思いました。それぐらいショック。
遠い空からたまには日本の事を思っていたのかなぁって考えるとわが国の名馬との仔も見たかったですね。残念です。
2008年の秋天でのダイワスカーレット、ウオッカ、ディープスカイの叩き合いは痺れたね。
早すぎる。長生きしてゆっくりした余生を送ってもらいたかった。本当に強い馬だった。






あなたにオススメ