Googleは3月19日(日本時間)、米サンフランシスコで開催中のゲーム開発者イベント「Game Developers Conference」に合わせ、クラウドゲーミングプラットフォーム「STADIA」を発表しました。まずはアメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパで2019年中のサービス開始を予定。

 クラウドストリーミング型のゲームプラットフォームで、新たなハードを必要とせず、データセンター側で処理した映像を手元の端末に送ることで、ハードを選ばずにどの端末からもプレイできるのが特徴。発表デモでは、スマートフォンやデスクトップPC、タブレット、テレビなど次々と端末を切り替えながら1つのゲームをプレイする様子が見られました。

 ゲーム機としての性能はPS4 Proの約2.5倍(GPUの描画性能で比較した場合)。現状では4K、60fpsでのストリーミングに対応し、将来的には8Kにも対応する予定とのこと。またYouTubeとの連携も強くアピールしており、例えばYouTubeで新作ゲームの映像を見たら、そこから映像内の「PLAY」ボタンを押すことで、インストール不要ですぐにそのゲームをプレイするようなことも可能とのことでした。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000033-it_nlab-sci



ネットの反応まとめ

結局キラーソフトがそこから出るかって事じゃないの。
面白いのが無ければわざわざ試す気も起きない。
oogleの新規事業は資金力もさることながら、本気で市場を取りにくるだけに競合は恐怖でもしょうが、一般の私にとってはどんな感じになるか楽しみ。
ストリーミングプレイはやったことがないのでラグがどれほどのものになるのか気になる。通信環境に左右されるからどんな旅行先でも同じクオリティで楽しむのは現時点では難しいだろうし。
日本はおま国か・・・
ていうかアジア全体ハブられとる
Steamはかなりの打撃を受けるだろうな
内容がFPSやバトルロイヤルばかりになりそうだけど
クラウドゲームは中々メインストリームにならんね。
色んなところが手を出してるけど、盛況なイメージが無い。
これでCS業界も何か変わるんだろうか
かつてのようにまじめにゲーム開発する会社が増えてくれればいいけど、ソシャゲに流れて自滅する会社が続出しないだろうか
クラウド型のゲームは格安simではキツそうだ
ストリーミングだと、ゲーム中にネット接続が切れた時、泣くことになるのでは。

なんかゲームに興味あるように見えないんだよな。市場と需要があってうちには技術とインフラがあるからやりますよ、という感じ。
このプラットフォームでこんな楽しみ方が生まれる!とか普通そういう発表になりませんか?




任天堂の故山内社長がすき間産業だと言ってたゲームの世界、その時々の巨大企業に目をつけられる戦場になっているなあ。
これChrome通じてswitchでも動くやつやろ
スペック控え目の任天堂ハードには
かなり恩恵あるんじゃないの
新しい技術・サービスへの挑戦は賛成ですが、問題はグーグルが世界最大級のプラットフォーマーということです。
個人情報の問題もありますし、ネットに関わる多くのビジネス分野でグーグルがトップを取ることはいいことだと思いません。
任天堂もソニーも頑張って下さい。
これもSONYが
つくづく思う。なぜ日本が席巻出来なかったか?
世界のGAMEインフラが一転するとんでも時代に突入だな。5Gが及ぼす影響、こんなとこにもあったんだな。。。
コントローラーがほぼps4やん。
日本はスマホの処理能力に収まるソシャゲが稼ぐガラパゴスマーケットになった。
アメリカや欧州はリアリティを目指すゲームがまだ生きてるから、普及の可能性あるんだろう。

期待してます。

ただ、Googleはビジネスにならないとわかると、簡単に切り捨てる傾向があるので、レトロゲームが生まれるようなほど長続きするとは思えませんが。

将来的には任天堂にとっては脅威となるのだろう。株価は大丈夫だろうか、心配です
youtubeみたいに天下取った瞬間、
大衆に配慮し過ぎて表現が規約で雁字搦め・・・
みたいにならなきゃいいんだが






あなたにオススメ