(CNN) HIV(エイズウイルス)に感染したロンドン在住の男性が幹細胞移植を受け、完治した可能性があるとの症例研究が発表された。

5日発行の英科学誌ネイチャーで、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)のラビンドラ・グプタ教授らが報告している。

グプタ教授の患者はロンドンに住む匿名の男性で、2003年にHIV感染が判明。12年以降、HIVを制御する抗レトロウイルス薬で治療を受けていた。その後、進行した悪性リンパ腫が見つかったため化学療法を受けた後、16年に幹細胞移植を受けた。ドナーはHIVに耐性のある変異遺伝子を持っていた。

患者は移植後も1年4カ月の間、抗レトロウイルス薬による治療を続けたが、1年半前に投与を中止した後もHIVは検出されていない。



チームは完治したと判断するにはまだ早すぎるとして、今後も引き続き患者の状態を観察する構えだ。

グプタ教授は、この治療が全ての患者に適用できるわけではないとしたうえで、新たな治療法への希望が示されたと主張する。

HIV感染者が幹細胞移植で完治したとされる例は、10年以上前にベルリンで報告されていた。

「ベルリン患者」と呼ばれるティモシー・レイ・ブラウンさんは、HIV感染で抗レトロウイルス薬の治療を受けている間に急性骨髄性白血病と診断され、HIV耐性を持つドナーから2回の幹細胞移植を受けた。抗レトロウイルス薬の投与を中止してから数年後にHIVのこん跡が見つかったものの、ウイルス量は検出限界以下の状態が続き、唯一の完治例とみなされている。

研究者らはこれまで、ベルリン患者の治療を再現しようと試みてきたが、成功例は報告されていなかった。

グプタ教授は「同様の治療で2人目の患者が寛解したことにより、ベルリン患者が例外だったのではなく、この治療がHIVを消滅させたということが立証された」と話す。

ただし専門家らによると、HIV耐性を持つドナーからの幹細胞移植によって一部のエイズ患者だけが治る仕組みはまだ分かっていない。また、HIVに感染しても通常は抗レトロウイルス薬により健康状態を維持できる一方、幹細胞移植には大きなリスクも伴う。そのため現時点での対象者は、エイズ以外の理由で移植が必要な人に限られるという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-35133703-cnn-int

ネットの反応まとめ

医療の進歩はすごいな…
自分も会社の製品を活かして医療界に貢献できるように頑張りたい。
その場合、、、
A 別のHIV感染者と感染接触しても再感染しない?
B 非感染者との感染接触をしても非感染者はHIV感染しない?
C 非感染者との子供はHIV感染率は0%?と言う面で疑問は相当残る。
ただ、本人がHIVウイルス感染による死亡の可能性を消す事が出来るなら大きいね。。

「幹細胞移植によって一部のエイズ患者だけが治る仕組みはまだ分かっていない。」って事は、色々試したけど効果が出なかったので、とりあえず試したら効いたよ!って感じかな。
仕組みが分かってないなら、他の患者に試すと逆効果って事も考えられ、ちょっと試し辛いね。
これは凄い!イギリスが医療大国になりますね。
ついに2例目がきたか!
他の研究では失敗続きだったので眉唾かと思っていたんだが、良い意味で裏切られたな。
失敗した研究との差異は何なのだろうか?
ART中に悪性細胞腫疾患を併発することが条件とかならないと良いが…
これが本当に成功例としてなるなら、本人の免疫力を完全に無くす事が必要なのかもしれない
これは、非常にリスクの高い事なので本命の治療法とはならないよなぁ
治療法の開発のヒントになるのなら、いいけど
HIVを軽蔑してきたイギリスが力を入れて研究するのって素晴らしい事だと思う。
どんな治療でもすべての人に効果が出ることはない。一般の人が勘違いするのは他者に効果があったからといって自分にも効果があると過度な期待はしないほうがいい。効いたらいいな程度で受け止めたほうがいい。
エボラ出血熱もエイズもかからない人はいるからね。
症状はちょっと風邪引いたかな?と思ったら耐性ができている。
猿から進化する過程で、こうやって人類は淘汰されていったと思うと感慨深い。
フレディの時代はエイズは死ぬしかない病だった。
偏見も酷く、ダイアナ妃はエイズ孤児を抱っこしてチャリティに出て差別をなくそうと戦った。そんな時代を知ってるからこそ、このニュースに医療の進歩と奥深さを感じます。1年半もウイルスが出てないのは凄い。世界二例目という事でさらに研究が進むでしょうね。




遂に、HIVも治るという手前まで来たのでしょうか? レイプやら売春などを強いられて、幼くしてこの病気にかかったり、そういう悲惨な人々にもっと具体的に、治るという治療をと祈っています。2人目なら、本当に朗報であるような気がします。
完治は凄いな!いつか解明できたらいいですね!
あとは完治後、長期にわたり完治=菌を保持していない状態なのか、または感染力を持たないとか、他に支障はないかetc.
調べたくても、2人しか居ないのかぁ、、、これは研究するにしても完治した2人の負担大きいよね、、、
無理なくで良いので、エイズ克服の為にこれからもご協力いただきたいです、、、

明るい話題ですね!

やはり海外は素晴らしい力を持っていると思います。

日本は…徐々に削減、削減、削減…給料も削減的なところがあるので、今後どうなっていくのでしょうか。

これが本当に二例目なのかどうか、研究者による検証が必要である。
ブラウン氏の例は偶然としか思えなかったが、遺伝的にHIVを絶対発症しない血液の持ち主が増えてきているかもしれないということで、今後もこうした事例が珍しくなくなる可能性もある。
人間の遅く確かな進化に驚かされる。
今までどれだけ多くの方がこの病で亡くなってきたことか!
過去の歴史を思うと胸が熱くなります。
今でもこの病に苦しんでいる人達の光となりますように。
まだ究明など続くと思いますが、研究者の人たちは頑張って欲しい。
心から応援しています。
エイズ患者や感染者を受け入れる医療機関も大変だけど、今後高齢化して介護施設に入らないといけないという事も増えてくると思うから、本人が辛いのはもちろんだけど、受け入れる側も大変だなと思ってた。
完治する病気になってほしいですね。
凄い事だとは思うが
全ての人に通用する事ではなかったり
この結果を得る為のリスクがあまりに大きかったりと
手放しには喜んではいられない複雑な思いだ
エイズウィルス耐性のドナーの骨髄移植を受ける機会があるというチャンスがないと治らない。逆を言えばそれをすれば治る可能性があるということ?
エイズキャリアを対象とした悪どいビジネスが始まりまる可能性を秘めてますね。
成功例が増えたことは素晴らしい。
まだ爆発的な完治剤にはならないだろうがゲノム編集を用いた技術も発達中。今回の成功と今までの失敗の違いをはっきりさせる事で次の成功例が近く出る事を願います。
確かに二例目として、素晴らしい報告だと思うが、二次的な治療の効果及びドナーの質が功を成した結果であってこのような事例が他の患者に当てはまるかと言われれば、難しい気がします。 
ウィルス消滅の因果関係をこれから発見して欲しい。期待しております。



HIV耐性を持つ人をもっと確保出来ればと単純に思ってしまったのだが。それと、献血などで簡単にそれがわかるようになれば良いのに、とも思った。
HIV耐性遺伝子所有者の遺伝子解析とその幹細胞情報と同じものを作ることでエイズは治る病気になる日が近いことが分かったけど、ガンの方はまだ死亡率トップから下がることはなさそうだ。なぜガンは完治治療の確立が難しいんだろう。

癌治療もそうだけど、長い時間を掛け、多くの患者さんや治験者の力を借りて、不治の病が僅かずつでも無くなっていくのは喜ばしい事。

今 正に病と闘っている患者さん達にも希望を持ってもらえる様な、今以降 発病してしまうかも知れない人々が落胆し無い様に医学が発展してくれれば素晴らしいと思う。

HIVに感染すると70000円くらい治療薬にお金がかかるといわれた。障害手帳交付も度合いによるし、交付まで時間もかかる。いずれにしてもHIVに感染しないようにきをつけないといけないし、日本は遅れていると思う。不安です。
大学で教授が「人間の体について分かっている事は多いけれど、それ以上に分からないことが有りすぎる」と言っていた。
正に生命とは小さな宇宙で、全てを解明するには程遠いのかなと思う。
ただ、この結果は小さいけれど意味のある一歩であるね。
医学の進歩を聞くと活力が沸きますね!
生きてりゃ良いこともあると感動します。
不治の病が一つでも減る事は素晴らしい研究の成果だと思う。アホくさいワイドショー見てるよりよほど清々しい気分になる
通常の病気だって薬で完治するとは限らないわけであり、今回のHIV治療はひとつの方法としてとらえていいのかもね。完治する可能性があるというのだけで希望は見えてきた。
ただ、HIV感染の予防が一番なんだけどね。
イギリスかぁ。
フレディ・マーキュリーが生きてた時代に
医学の進歩がもう少し早ければとずっと思ってた。






あなたにオススメ