国が行うある調査について波紋が広がっている。

総務省所管の情報通信研究機構が行うのは、IoT機器を対象とした“無差別調査”。IoT機器は家庭や会社にあるインターネットに接続した家電のことで、セキュリティ対策が不十分な機器を見つけるため無差別に調査を行うという。調査結果は電気通信事業者(プロバイダ)などに共有し、パスワード設定に不備などがある利用者に注意喚起を行う方針だ。

国がIoT機器を“無差別調査”へ、改正法で容認も三上洋氏「国がやるべきことではない」
無差別調査は「不正アクセスではない」
調査の目的は、2020東京オリンピック開催に向けてサイバー攻撃を減らすため。しかし、この調査が「不正アクセス禁止法違反にあたるのでは」との声があがっている。実は去年5月に「情報通信研究機構法」が改正(11月に施行)され、今回の調査(5年間)に限っては不正アクセスではないとされている。

SNSでは「オリンピックを前にITセキュリティ対策は結構なことだが、無差別的に入れるか試すってのは、ふざけすぎ」「こんなもん大きなお世話だろ。逆にこれを利用した詐欺週被害とかおきるんじゃないの?その時に総務省は責任取るのだろうか?」「全て管理されるのか?きっと会話も様子も聞かれ覗かれる そしてある日突然見に覚えのない罪だったりも」と反発の声があがっている。

国がIoT機器を“無差別調査”へ、改正法で容認も三上洋氏「国がやるべきことではない」
ITジャーナリスト三上洋氏「国がやるべきことではない」
今回の無差別調査について、ITジャーナリストの三上洋氏は「憲法で守られる国民のプライバシー『通信の秘密は、これを侵してはならない』に抵触する可能性もある」と指摘。また、「本来は本人の同意のもとプロバイダがする仕事。国がやるべきことではない。どうしても実行するなら、行動を監視する第三者機関の設置が必要。できないのであればやめるべき」との見方を示している。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010020-abema-bus_all




ネットの反応まとめ

すでに簡単なパスワードで無差別で攻撃が行われているのに、
国がやって恐いっていう人のIoT機器はやばい。
検索エンジンのSHODANとか、マルウェアのMiraiとか
知らないのかな?

批判する意味が分からない?

セキュリティ強化は当たり前。特にIOTはインフラにつながるから監視管理は当たり前だ。

テ口防止法で居酒屋で話してるだけで共謀罪で捕まると吹聴してた左のコメンテーターと同じレベル。

これでファーウェイのことを非難できなくなったね。
国民を監視する時代がきたね!・・GPS・監視カメラ・他・・良いか悪いかは分からないが、、、
仮にもしもの事があれば
民間丸投げ・放置した政府とかで
記事にするんだろ別に戸籍も住所も国が分かってんだからどうでもいいわ。
大したプライバシーも無いだろうに騒ぎすぎだてアホらしい

立派な憲法違反。通信の秘密の保障を侵害している。
LINEの約款に言ってみろ。
国がやると国民は選択肢がない。
企業がやるなら、その商品を使わないという選択肢がある。
米国政府が同じことをしてて、内部告発でバレ、激しい批判が巻き起こり、米国政府は米国最大の民間電話会社に委託して政府がやるのはやめた。
中国では起こらない変化だから、政府は中国みたいな統制国家を目指してるということになるけど、国民はそれを受け入れるのかな。
国によるハッキングのみ無罪。
常軌を逸したドジンの国、日本なのでした。
これをやられて誰も文句言わない日本国民の方も狂ってるな。



正直なこと言いますとこの程度で侵入されてるようなら既に侵入されてる可能性もあります。それと機器にグローバルIP経由で通信ができるってことは、便利なことだがリスクのある事だということに気づいてほしい。
あと国がやるべきことではないとは言うが、それだけ問題視するレベルにあるということ。
日本に設置されている機器を踏み台として、日本から他国に攻撃しているように見せることも可能なのですから問題視するのは当然です。ちなみに日本に設置してあって初期設定のままのWebカメラは、結構覗かれてますよw

お勉強出来て偉いね~官僚さん。良いから世間も勉強しろ。
やることなすことズレてんし、信用できんわ。
国がしても文句いい、しなくてなんかあったら国のせい。
くだらねぇ世の中だな。




Twitterの反応まとめ














あなたにオススメ