南米大陸最高峰アコンカグア(標高6961メートル)の登頂とスキー滑降をめざしていたプロスキーヤー三浦雄一郎さん(86)が登頂を断念して下山を始めた。三浦さんの事務所が21日未明、明らかにした。三浦さんの体調から、チームドクターがこれ以上標高の高いところに行くのは難しいと判断したという。

三浦さんは現地時間の20日、標高約6千メートルのプラサ・コレラに滞在していた。事務所によると、同行していたチームドクターの大城和恵さん(51)が、高所の生活による影響が出ており、この標高での長時間にわたる生活で86歳の三浦さんにとって肉体的、生理的に負担がかかってきていて、これ以上、高い標高での登山活動は心不全をおこす危険があると判断。三浦さんもそれを受け入れたという。ニド・デ・コンドレス(標高5500メートル)まで歩いて下山し、ヘリコプターでふもとに向かう予定。

三浦さんは今月2日に日本を出国し、3日にアルゼンチン入り。徐々に標高を上げて体を高度に慣らしながら生活し、10日にヘリコプターでベースキャンプ(BC)のプラサ・アルヘンティーナ(標高4200メートル)に入った。

その後BCに滞在しながら調整。18日にヘリコプターで標高5580メートル地点に降り立ち、先に歩いて登っていたメンバーと合流して、約6時間歩いてプラサ・コレラに着いていた。19日は翌20日の強風が予想されたため、プラサ・コレラに滞在。登頂とスキー滑降を目標としていた。

副隊長で次男の豪太さん(49)は「6千メートルの標高で、肉体的、精神的にも厳しいとみた」、大城さんは「この標高は生物学的に86歳の限界。生きて還(かえ)るために、きょう下りるという判断をしました。よくここまで、この肉体と年齢でがんばったと思います」と話しているという。

三浦さんは「僕自身、頂上まで行ける、という自信はありましたけど、やはり周りで見ての状況、特に大城医師の判断ということで従うことにいたしました」と事務所に伝えた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000002-asahi-soci




ネットの反応は

下山する勇気に拍手。生きて帰ることが冒険には重要だと思います。また次の目標が出来ましたね。無事に帰って来てください。
極めて冷静。
こういう人間になりたい。
無事に日本に帰って来ていただきたい。
帰ったらまた、上りたくなるのでしょうね。
そこまで行ける事が凄い、自分がその年齢になった時にその気力と体力があるとも思えない。尊敬します。
どの分野においても損切りできる人はプロフェッショナルだ。見習いたいものだ。
お疲れ様でした
周りの意見を聞き入れ撤退するのも残念だと思いますが、命あってこそです。
また日本に帰ってきてお肉をたくさん食べて体力の回復に専念してください

諦める勇気も大切です

無事帰国をお待ちしております^_^

無謀と勇気は違う
良い判断だと思います
三浦氏の英断に拍手。その標高まで行き更に登ろうとする意欲だけで十分だと思います。ご無事で帰国されることをお祈りいたします。




改めて高所に耐えるには肉体的な若さが必要なんだな、と思いました。ともあれ、無事で降りてこその登山。最後までお気をつけてお帰りください。
残念ではありますが、三浦さんの引き返す判断はプロだなと改めて思いました。とにかく無事に帰国してメディア通して色々お話しを聞かせていただきたいなと思います。
彼がすばらしい実績を残せたのはこういうところにあると思う。
山を降りるまでが山登り
素晴らしい判断だと思います
「登頂に挑戦」言っても、途中までヘリコプターで上がって、わずか6時間歩いただけだったのね。
高度順化の手順は「高度を上げて下げて休養して」なんだけど、体力の関係で高度の「下げ」を省略化していたんだろう。
天気が良ければ一発勝負も出来たかもだけど、まあ運が悪かった+順化が不適当だった、って所じゃないかな。
生きて戻るのも冒険家の使命。気を抜かずに日本に無事戻ってきて欲しいですね。
賢明な判断だと思います。
行きて帰ってこそです。
まだ日本に戻って来たわけではありませんが、お疲れ様でした
三浦さんは本物の冒険家。
何よりも大切なのは生きて帰るということを、きちんとわかっている。
もうそろそろねー、こういうフルサポートでも登るの厳しいだろうね。でも自分の脚で帰ってくるのはさすがにたいしたものだわ
酸素も薄い高地で、
同行者の意見を受け入れ、
撤退の決断へ妥当な判断をされた
三浦さん、巷に頑固で意固地な高齢者が多い
ので、大変尊敬します。高い山でなくても、例えば
日々の鍛練など、
三浦さんのがんばる姿に、
刺激をうける高齢者もいるので
これからもお元気でいて下さい。



無理しない。生きて帰る、これが一番!
良かった良かった。
登るより下る方が肉体的にも安全面においても危険と言われていますし、目標を失った分においても、注意されて下山されてください。
年齢的にこれが最後かもしれないとか
邪念がなく
無理と思ったら下山する。
さすがプロだと思った。
周りに担ぎ出された感があって心配だったが
悲惨な事故など無くてよかったと思う。
勇気ある行動だと思う。もう十分。彼の偉大な功績は世界の誰もが賞賛しているよ。
無茶をせず引き返す判断をされたのはさすが三浦さん。立派だと思います。
スーパーおじいちゃんも年齢の壁は厳しいんでしょうね。
いつも気になるのは、こういう人達ってどうやって資金調達してるんやろ?
ヘリで上がる事は体力を温存できるメリットがある一方で順応するのには時間が掛かるデメリットもある。
生きて帰らなきゃ意味がないし、英断だと思う。お疲れ様でした。
三浦さんが何故今もなお現役でいられるのか?
登る勇気とこの”引く勇気”があるからなんでしょうね。
昨今の高齢者のモンスター化が騒がれてますが、
年下の人の意見を受け入れ自分を知る、
登山家・冒険家はもとより人として尊敬します。
スーパー86歳の三浦雄一郎



あなたにオススメ