コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」。大手コンサルティング会社も事業に参入し、ゲーム業界の外へとビジネスチャンスの広がりも見せ始めた。国内でも優勝賞金が1億円を超える大会が開催されるなど話題性も手伝って、認知度も高まりつつある。果たして市場拡大の勢いは本物なのか? 普及元年になる1年の幕が上がった。

■専門部署立ち上げ

PwCコンサルティング(東京都千代田区)は昨年11月、eスポーツ支援を専門とする「eスポーツ事業推進室」を設立した。プロチームの立ち上げに向けた事業企画から、選手の引退後のセカンドキャリア支援まで手掛ける。

eスポーツ関連ビジネスへの参入を目指す企業に対して、大会やチームの運営をサポートするほか、選手の募集や採用をアドバイス、大会の賞金獲得やグッズ販売など収益化の計画を立てる。

データ分析のノウハウを活用した選手育成やゲームの戦術アドバイスなども行う。人工知能(AI)を使って実際の競技を分析、選手の技術やゲームで勝つための戦術を高める。桂憲司常務執行役員は「eスポーツでは男女や身体障がい者など、いろいろな人の垣根を越えられる」と社会的意義を強調、「ビジネスとしても力を持っている」と語る。



■市場規模は前年比13倍

昨年12月には、国内大会として史上最高額となる優勝賞金100万ドル(約1億1000万円)をかけた世界大会も開かれた。主催したのはサイバーエージェントのゲーム事業子会社サイゲームス(東京都渋谷区)。サイゲームスのスマホ向け人気カードゲーム「シャドウバース」で競う個人戦で、日米仏中などから24選手が出場。日本人選手が優勝した。

これまで国内開催のeスポーツ大会で優勝賞金の最高額は3000万円。昨年7月には、ミクシィが人気のスマホゲーム「モンスターストライク」の大会では、賞金総額は6000万円に上り、高額化の動きが続きそうだ。

ゲーム雑誌「ファミ通」を発行するGzブレインの調査によると、eスポーツの平成30年の国内市場規模は前年比13倍の48億3千万円に急拡大したという。昨年2月にeスポーツの業界団体、日本eスポーツ連合(JeSU)が発足して、プロライセンスの発行が開始されたことなどが後押しした。

内訳はチームや大会へのスポンサー料や広告費が75・9%を占めるが、スポーツ興行の主な収益となる放映権が8・4%、有料の観戦チケットなどが5・5%となっていることも見逃せない。大会観戦や動画視聴者の経験者数は30年には382万6000人に拡大。34年には785万5000人に達し、国内の市場規模は約100億円に成長するという。

■将来設計も支援

鍵を握るのは若年層への普及だ。特にゲーム産業は、若年層を中心に発展してきた一方で、“依存症”といった教育上の悪影響があるとの批判にさらされてきた。若年者の活動には親世代への理解が不可欠で、参入各社は若手選手の将来設計に腐心している。

PwCでは、eスポーツ選手はITと親和性が高く、パソコンの操作になれている人材が多いと分析。選手活動を引退したあとは、人手不足が深刻な情報セキュリティー人材としての活躍が期待できると強調する。

就職に向けたインターンシップや研修のサービスを提供する計画で、桂常務執行役員も「市場を長い目で育てていく必要がある」と指摘する。ミクシィは学業との両立が可能となるように、若年者向けに大学進学などの奨学金を賞金にした大会を検討している。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000538-san-bus_all




ネットの反応まとめ

その内勉強ばっかりなんかしないでゲームしなさい!
って親に怒られる日が来るのかな~ぁ?
五輪なんかよりeスポーツの方が絶対おもしろい
匿名で参加できるようになったらもっと盛り上がります
スポーツという名をはずして
ゲーム大会にしたら?
他人がやってるのを見てもあんまり楽しくないのは私だけか?
そりゃ裏技的なのとか超絶技巧に興味がないわけではないが、技術的なこともゲーム内の知識も自分ですべて手にしてこそ私は楽しめる。
攻略本見るみたいで、なんかやだ。

これに便乗してeスポーツのプロ育成コースの専門学校が儲けようとするだけでしょうね…。

ネット対戦で勝って優越感味わえるようにはなるだろうけど、それで収入を得て職業にまでできる人はほんの一握り。

10年前ゲームばっかやっても将来困るよ。勉強しなさいと言った大人の人。
今の億単位で稼ぐ人がいるからなー。
50年後はオリンピック競技になっているかもね。射撃とそこまで変わらないからなー。
現代版射撃といっても良いぐらいだから。実際の動きも引き金かコントローラー、パネルか物体の違いぐらいだからな。
スポーツなんやなぁ^^
ソシャゲをeスポーツの競技にしてる時点で日本の運営の年寄りの
愚かさを痛感する 単純に重課金ユーザーを増やしたいだけだろ現代ビデオゲームの開祖は紛れもなく日本なのに 頭の固い老人どもの
大反発のせいでプロゲーマー後進国となってしまった

本来のゲームっていうのはな 頼れるのは己の頭脳と指先のみ 勝利は金で買うものじゃない
90年代の格闘ゲームや落ち物パズルゲーム STG そして80年代の黄金のラインナップ あれらで競い合ってこそスポーツと呼べるだろう

けどまあ、食えるのなんか何千万人に数人だろうけどな。
スポーツや勉強と違って潰しが効かないのも。
ゲームなんかやっててもその後に出来る仕事ないでしょ。
だがしかし、そうであっても、古い考えに取り憑かれている国民達は白い目で見て腹で非難する
eスポーツって日本は海外に比べてはるかに遅れてるイメージしかないなぁ




子供がなりたい職業
「ユーチューバー」に並んで今後「eスポーツプレイヤー」とかも出てくるのかな

ゲーム自体市場規模がある産業で、プレイヤー人口が多くて、プレイ動画等の一定の閲覧者の需要もある
どの程度の規模になるかはわからないけど成長性がないと考えるのは不自然かな

いいんじゃない?

まだまだ偏見を持っている人はたくさんいるけど時間が解決するでしょ。

何てったって昔はパソコンやっていただけで変態的な見られ方したからな。

確かにFPS面白いけど本気でやりこんで一日中練習してたら将来的に目の病気になりそうな気がする
ゲーミングモニターでブルーライトカットしつつブルーライトカットメガネや目薬をしても二時間くらいが限度
盛んになるのはいいことだと思うけど
法制化も合わせてしっかりやっていかないと
悪い事を考える輩が絶対出てくる
eスポーツ自体には大賛成なんだけど、モンストとかパズドラみたいなゲームでプロって言われてもなって気持ちはある。
高額化はダメな前兆だと思うけど。負けてる人もそれなりに生活できる状態じゃないと競技人口が減る
正直、日本におけるeスポーツはバブル状態
海外ではeスポーツの試合で集客が見込めるために、スポンサーマネーだけで多額の賞金をねん出できていたという経緯がある。
一方日本では賞金額を呼び水のように使っていて、集客がないのに金をどんどんつぎ込んでる
「eスポーツ」そのものは良いと思います。
しかし、オリンピックの種目にするとかは論外で、
本当意味での「スポーツ」とは別物だと思います。
好きなゲームをしてお金がもらえるって最高じゃん
スポーツとしてオリンピックとか他人の土俵に上がるんじゃないでゲームとして自分たちの土俵を確立すればいいのに。オリンピックみたいな完成した大会に入り込んで認めてもらおうなんて図々しい。



そりゃメーカーにとっては大きな収入源だから、力入れるはず。
日本では、かつてのボーリングブームのように一過性のもので終わらないのか気になってしまいます。
現代は嫌な事も多く生き難い時代だけれどもこういう一攫千金は転がってる時代でもあるんだよな。 自分が若い時にこういう時代だったならな……

呼び方が誤解招く

eスポーツからスポーツは外した方が理解されるだろうと思う。

これはこれとして働きながら目指すのはいいと思うんだけどね。
ゲームで食っていくから仕事やめるは違うよ。
ゲーム障害が叫ばれていたり、eスポーツが盛況って言われていたり、忙しいですね…。
日本のゲームは素晴らしいのに、既に遅れを取っていることにちょっと残念。。
20年くらい前にバーチャファイター2って格闘ゲームで中洲のゲーセンで50人抜きとかしてたな〜、、若ければゲーマーなってたかもな〜羨ましい。
金はどこから湧くのでしょうかね。
ゲームの大会って修行大変そう。
一方で、ゲーム障害がトレンドになっている。
ファミコン時代の人はまさかここまでゲームが、文化として発展するとは思わなかっただろうね。



あなたにオススメ