2018年末、名古屋市のコンビニで、女性店員(31)に土下座させようとした40代の男性客が逮捕された。東海テレビによると、1万円札で会計したところ小銭を先に渡され、「紙幣を渡してくれないと思った」からだという。

コンビニでは、同年9月にも同様の事件が起きている。北九州市のコンビニで、30代の男性が女性店員(18)に土下座を強要し、11月に強要と威力業務妨害の疑いで逮捕されているのだ。

ネットからは、「弱い者にしか強い態度が取れないのか」「店に迷惑かける客は疫病神か、貧乏神」など、怒りの声があがっている。

●カスハラに「謝りつづける」が半数、状況は変わるか?

数年前から「モンスタークレーマー」という言葉はあったが、最近はさらに、客からの暴言や暴行などが「カスタマーハラスメント」(カスハラ)と呼ばれ、問題視されている。

労働組合「UAゼンセン」が2017年、約5万人にアンケート調査したところ、およそ3万5000人(70.1%)の労働者が客から迷惑行為を受けたことがあると答えた。そのうち、4.2%は土下座を強要されたこともある。

しかし、迷惑行為を受けた店員のうち、約半数が「謝りつづけた」という。カスハラは恐喝や脅迫、強要などの犯罪に該当することもあるが、事件化するものは限られている。

ハラスメント問題にくわしい新村響子弁護士は、「『お客様は神様』のかげで、見過ごされることが多かったということでしょう」と話す。上司に相談しても、取り合ってくれないということも珍しくないという。



●これまでは「バカッター」案件での逮捕が多かった

これまでも、土下座強要での逮捕自体は報じられてきた。

ただし、北海道のしまむら事件(2013年)、大阪府のファミリーマート事件(2014年)、滋賀県のボウリング場事件(2014年)など、客側が写真や動画をネット上にアップしていたケースが多かった。

今回のコンビニの土下座強要事件について、新村弁護士は、「カスハラの報道が増えたことで、お店や店員さんの意識が変わってきているのかなという印象を受けました」と言う。

実際、北九州市の事件では、女性店員が後から被害届を出して、逮捕につながったそうだ(名古屋市の事件は、客自身が警察を呼んだという)。

「これまでは、『お客様だから』ということで内々で処理することが多かったと思います。社会全体でカスハラをなくそうという気運が高まれば、警察に相談するという選択肢も増えてくるのではないでしょうか」

●カスハラへの方針明確なら働きやすくなる

UAゼンセンのアンケートでは、非正規労働者の場合は特に「毅然とした対応」が取りづらい可能性が指摘されている。理由として、トラブル対応への研修不足などが考えられるそうだ。

「企業がカスハラに対する基本的な方針を示してくれるだけでも、問題客に対するプレッシャーになりますし、労働者にとっても働きやすい職場になると思います」

なお、カスハラ対策をめぐっては、厚労省が企業に対するガイドライン(指針)をつくる予定になっている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00009125-bengocom-soci




ネットの反応まとめ

クレーマーは神様か?単なる犯罪者だ。

本来は経済活動においてどちらかが偉いとかないんですよ。

物々交換がお金とモノの交換に変わっただけです。

店も客も対等です。

客も嫌な店には行かない
店も嫌な客には売らない

これで当たり前です。

みんな対等です。

そういう人は一度、ジンバブエとかベネズエラとか行ってきた方がいいよ

金なんて所詮ただの道具

物を持ってる方が圧倒的に立場が上だということが分かるから

店舗を構えてる商売は本当に大変。客は神様でも何でもない
客と店は対等だ。言えばなんでもすると思ったら大間違い。クレーマーなんか殆どが営業妨害でしかない。
そもそもお客様は神様でもない。対等な取引の相手であってお互いに感謝する姿勢をなくしてしまっている人のなんと多いことか。三波春夫さんの罪は重い。
逆の立場になった時、どう対処するのか見てみたい。
店員に愛想悪いだのなんだのって理不尽にキレる人はそこらへん歩いてる人に道を尋ねて淡々と説明されても同じように愛想悪いってキレられるんだろうね
店員だってカウンター出たら普通に買い物もするし他のお客となんら変わりないのに
勝手に立場下にされて笑っちゃうね
ほんまに謝る必要がある場合に、謝罪を求めてカスハラとか言われたら嫌やなぁ。
まぁでも、謝罪を求めるてよっぽどの場合やないと無いけどな。
不当な要求には、応えません。日本も少しづつ変わってきてます。




店と客の場合が一番多いだろうけど
商売上の関係だけじゃなく、日本人は他人に多くを要求しすぎる
直接自分が不利益受けてるわけでもないのに、あれはダメこれはダメとうるさく要求したり陰口を言う
逆が考えられていない。
それが会社でうけた対処マニュアルだった。カスハラに対する対処としては正しいが、真っ当な苦情の対処がすっぽりと抜けている。
カスハラ対策にそこまで求めるなと?それこそ逆だ。真っ当な苦情とカスハラの区別もつかない社員が対処した場合、どうなると思う?

オーサーよ、こんな意見は聞いた事が無いのだろうか?

お客様は神様です!ただ神様の皮被ったクレーマーの神が混じってるから、それには厳しい対応で良し。大多数のお客の神はマナーも神なはず。
日本もどんどん変わっていって欲しい。客と店は対等な立場にあるべき。
ほんと、迷惑な客が増えたよ。
小銭だろうが、札が先だろうがどっちでも良いことだよ。
お金を払っているから、「お客」ではない。
その場所に合ったマナーやルールをキチンと守った上で、お買い物頂く・・・それが「お客様」である。
なんでも自分の都合に合わせて正論吐く者はロクな奴ではない。
「お客様は神様です。」は、故 三波春夫氏が自分のコンサートで曲を聴いているお客さんに対して発した言葉。
全ての業種のお客に対して「神様」としている訳では無い。
企業イメージも有るだろうが、過度のサービスがお客を勘違いさせている。
迷惑なモンスター客は、コンビニにおいても遠慮なく出入り禁止にすればよいと思う。
古くさい決まり文句だな、昭和~平成初期頃まで。特定の企業の中のルールであって全国共通ではない。モラルのない人は都合のいいときにこういう言葉使うから困る。
客は客。



確かに、苛つかせる店員もいるが、土下座強要までさせることはないと思う。店側からすると、謝って済むなら早々に謝って帰ってほしいと思う気持ちになると思うから、こういう事件はなくならないと思う。逮捕しましょ。排除。

コンビニに限らないが、どんな業界でも大手になればなるほど企業イメージを考えて、客の言いなりになる傾向があると思う。

これからは企業側が毅然とした態度で、ダメなものはダメという姿勢を見せていかねばならない。
と同時に、こういうクレーマーについては厳重注意ではなく、逮捕して住所氏名職業まで全て世に晒したら、少しは歯止めがかかるのでは?

店側も不要客を切る勇気を持たないといけないよ。

「お客様は神様」ではなく「お客様は悪魔」だと思った方がいいと思いますよ。

各企業やお店のルールがあり、そのルールの中で楽しめるのが大人の人間であり教養を持った人間だと思う。

心にゆとりのねぇ人が増えたなと思う。
お客様は所詮お客だよ。上も下も関係ない。
金を払ってるほうが立場が上と勘違いしているのが多い。

「お客様は神さま」って、店側の精神であって、客側が強いいるものじゃないと思う。

私が飲食店で店員側だった頃は、お客さんには、いる間心地よく楽しんでもらいたかったし、
客として来店するときは、お店の人が少しでも円滑に仕事が進むように気持ち良く仕事が出来るように。とか、考えちゃうけどな。

「お客様は神様」元は違う意味だったと思いますが変な意味で広がった例ですね、訳のわからない苛立ちで土下座までさせるってねぇ、強要やら威力業務妨害で逆に謝れって言いたい、以前居た所だとクレーマーや訳のわからない切れかたされる方は代金はいいから帰ってくれと、「こちらで買って頂かなくても結構です、他でお願い致します、これ以降ご来店成されぬようお願い致します」

あおり運転とかも同様だけれども、スタートは「他人が自分の思う通りに動いてくれない」というところだと思う

そして、そんな事は当然なのだが、それに納得できない人が多くなっているのでは

で、更に間違った正義感とでも言うのか「お前は分かってないからオレが教えてやらなければ」となる

日本のお客様主義が招いた結果。
恐らくクレーマー自身、仕事で逆の立場なんじゃないかな。
負のスパイラル。



あなたにオススメ