1月18日に35歳になったフランクフルトのMF長谷部誠は、プロサッカー選手としてキャリア終盤の年齢にさしかかっているものの「今、自分の中でベストフォームです」と語るほど、絶好調をキープしている。23日付の独紙ビルトの取材でコンディションを整える秘訣(ひけつ)などを明かした。

今季公式戦全26試合中19試合にフル出場と、バリバリのレギュラーとして活躍し続けている。体調を維持する調整法について「毎日、入浴剤を入れたお風呂に入って、筋肉をほぐして(体の)ケアをしています。僕は毎回、全力でトレーニングしますし、負荷を少なくするのは良くないですから。食事は妻が健康的な日本食を作ってくれます」と明かし、「もう10年間、同じルーティンでやってます」という。

過去には40歳まで現役を続けたいと話していたが「それはちょっと冗談で口にしたことで。ちょっとずつ現実的な見方になってきている。いつでも謙虚にいないと。どの試合でも自分のプレーをしっかりと見せたい。若い選手が控えてますからね」と、徐々に考えが変わってきているという。

本職はボランチも、16-17年シーズンからはリベロでの出場機会が増えた。15-16年シーズンの多くは右サイドバックでもプレー。現在の役割について「FW以外、どのポジションでもプレーしたことありますから。GKもありますしね。フレキシブルにプレーできますよ。今の僕の役割はリベロ。うまく機能してます。今の自分にとってはパーフェクトなポジションかな。(後ろから全体が見え)試合の流れを読んでプレーできる。中盤の方がもっと走らないといけないし、プレッシャーもより激しくなるので難しいですね」とコメント。現状ではボランチよりもリベロでのプレーが最適であると主張した。

もう1度、「25歳に戻りたいか」との質問には笑いながら「いいえ」と答えた。「僕は24歳でドイツに来ましたが、最初の3年間はマガト監督でしたからね。ハードなトレーニングでしたから。いい思い出ですけど、もう1回はいいです(笑い)」と当時を振り返りながら答えた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00456727-nksports-socc



ネットの反応まとめ

24歳からドイツでサッカーしている…
すごい
10年以上も…
なんか長谷部がドイツでプレーしている事が当たり前になってるよ!

「僕は24歳でドイツに来ましたが、最初の3年間はマガト監督でしたからね。ハードなトレーニングでしたから。いい思い出ですけど、もう1回はいいです(笑い)」

この返しがいいな。
まだまだトップでいいプレーを見せてほしい!

かっこいいな。
いまだに代表にほしい。
現役引退後ドイツで指導の道を切り開いて、海外経験をいつか日本代表監督に還元してもらいたい。男としてカッコいい
自分の体の癒し方をよく理解してる。確か、お香もクンバという銘柄を使っていて、私も買ったことがあるけどすごく良かった。少し高いけどね。笑
年齢を重ねてからJで見たい気もするが、出来ればそのままブンデスで指導者としてみたい
入浴剤 何を使っているのだろう。興味ある。




これは面白い
内田もマガトはやべーって言ってたね
本当根性論とか軍隊的なトレーニングらしいから
同じ事をJ1止まりのオッサンがやっても、同じ効果は得られんさ。
ボランチならもっと運動量が求められるし1vs1も増えるが、リベロは最も目と頭を使えるし自分に合っている(本人)
ボランチに入って味方を助ける事も可能だが、それを3試合連続でやるのは無理がある(監督)
この相思相愛の関係によるリベロ起用の大当たりが何よりで。
日本代表もw杯の時、きき湯を段ボールで大量に持って行ってるのを見ました!
私も買いました。
今でも日本代表のキャプテンに見えてしまう。それだけ魅力のある選手だと思います。
いまボランチ怪我人ばかりだから長谷部
ほしいなー!
長谷部でもマガトのトレーニングには耐えられんのか。
やはり理不尽と言うか精神論的な監督なんだろうな。

それでもマガトには、感謝してると思う

ただきつかっただろうなぁ、、
鬼軍曹だから

湯船も整える



あなたにオススメ