横綱・稀勢の里(32=田子ノ浦部屋)がついに現役引退を決断した。師匠の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)が16日、明らかにした。進退を懸けて初場所に臨んでいた稀勢の里だが、初日から3連敗。昨年秋場所千秋楽から不戦敗を除いて8連敗となり、1場所15日制が定着した1949年夏場所以降の横綱では貴乃花を抜いてワースト記録を更新したこともあり、その去就に注目が集まっていた。

前夜は東京都江戸川区の田子ノ浦部屋へ姿を見せ、約1時間半の滞在後に部屋を後にした。師匠の田子ノ浦親方と何らかの話し合いをもったもようだが、進退の決断や4日目の出場について態度を明かさず、関係者によると結論を持ち越していた。

地元・茨城県牛久市の「稀勢の里郷土後援会」はきょう4日目にバス2台の応援ツアーを実施。95人が両国国技館に駆けつける予定になっていたが、地元の後援者に最後の勇姿を届けることはできなかった。

稀勢の里は17年初場所で新入幕から73場所目にして初優勝。場所後に第72代横綱に昇進した。日本出身横綱の誕生は1998年夏場所後の3代目若乃花以来、19年ぶりとあって、日本中が「稀勢の里フィーバー」に沸いた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000074-spnannex-spo



Twitterの声は

第72代横綱 稀勢の里 寛のエピソード 結婚話や好みのタイプも! - ハッピーエンタメ!~はぴため~ hapitame.net/entry/2017/01/…

#大相撲 貴景勝! 無理をしないで!稀勢の里の二の前は御免です!期待してますよ! ゆっくり怪我を治して出て来て下さい

元稀勢の里、握手会がスタート 衰えぬ人気、引っ張りだこ | 2019/5/20 - 共同通信 this.kiji.is/50315788965100…

貴景勝に対しては、周囲への配慮という観点からの「道徳的」批判が多そうである。私はそれらにはそう関心ないけど、基本的に、休まないともたぬ公算が高いなら休んで回復を目指すべきとは思う。 ケガした稀勢の里に翌場所皆勤を要望してた人もいたが、それは愚行でしかない。 #sumo

元横綱・稀勢の里、貴景勝は「判断間違えれば取り返しのつかないことに」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ sponichi.co.jp/sports/news/20… 陥落してもまたやれるよ君なら大丈夫

稀勢の里流石にいいこめんとするわ。 nikkansports.com/battle/sumo/ne…

また、五月場所に引き続き、名古屋場所でも「応援ありがとう!稀勢の里と握手会付き桝席B」も登場。まげのある荒磯親方(元・稀勢の里)と握手ができるまたとない機会です!7/8(月)、7/9(火)、7/10(水)の3日間の設定です。お見逃しなく!

元稀勢の里、テレビ解説がキレッキレ! 引退から4か月、笑顔で的確分析 j-cast.com/2019/05/203578… #スマートニュース

元横綱・稀勢の里、貴景勝は「判断間違えれば取り返しのつかないことに」 sponichi.co.jp/sports/news/20… #スマートニュース

@Matsui_champ 松井さんの稀勢の里に影響されて買ってしまいました(笑)

@e8XmnfUCNUWMYmp 稀勢の里が言うには下半身の力を上半身に上手く伝えられてないから是非基本から稽古を見直すといいのでは?と言ってたよ☺️

元稀勢の里、テレビ解説がキレッキレ! 引退から4か月、笑顔で的確分析 #SmartNews j-cast.com/2019/05/203578…




ネットの反応は

色々言われてキツイながらもよく頑張ったと思う。お疲れ様でした
稀勢の里関お疲れ様でした。横綱としては不本意な内容でしたが、力士生活全般に於いて強く存在感のある素晴らしい力士でした。馬力を生かした左からのおっつけの威力は角界でも例にないものがありました。白鵬との数々の熱戦は凄いものがありました。ありがとう。
不器用で要領悪くてノミの心臓な所もひっくるめて応援しがいのある力士だった。
寂しいけど本当にお疲れ様でした。
辛い立場から解放されて、暫くゆっくり休んでください。で健康の為に少し痩せた方がいいよ(^^;
プレッシャーも相当あったと思う
あの怪我がなければ…とは思うけど
それも含めてこの人の運命だったのかな
でも他の力士がひどい体たらくの中
個人的には頑張ってくれたと思うよ
ゆっくり休んでください
お疲れ様でした
頑張って耐えたんだよね
いい横綱だったと思う
怪我がなければとは思う。
あの場所の優勝は本当に凄かった。
でも、それを含めて力士としての人生だったのかなとは思う。
本人は不甲斐ないと思うかもしれないし、ファンの一部もそう思うかもしれないけれど、色々な期待を一身に背負ったその姿は横綱然としていたと思います。
本当にお疲れ様でした。
日本人横綱として久々に夢を見ることが出来た所は良かったと思う。お疲れ様。
横綱になって最初に怪我した時に、じっくり治療に専念すべきだった。
無理をして悪化させた感がある。
久しぶりの日本人横綱のプレッシャーは計り知れない。とにかく、今はゆっくり休んで、親方・年寄として後進の指導に当たる姿を見せてほしい。
晩年は難しい相撲が続いていましたね。横綱の気持ちは横綱にしか分からないと言いますが、引退の判断は妥当なものやと思います。本当にお疲れ様でした
横綱という地位が、沢山のしがらみや本位でないことも
求められ、日本人横綱という事もあり、期待と責任を背負っていたと思う。
すぐ欠場を決めるのではなく、しがみつく身体は立派だと思う。
この3日間、心と体のバランスが悪くみえ、相撲をとれていない感じでしたね。短い期間ではあったけど、日本人横綱として楽しませてくれて
ありがとうと心から言いたいです。
引退を決めて、寂しさもあるとは思うけど
ホッとしているのではないでしょうか・・・
精神的にキツイ3日間だったと思います。
ゆっくりお休みになってください。お疲れさまでした。




お疲れ様でした。素人ながらたまに画面で相撲をみるたび、稀勢の里がんばれ!と思っていました。なぜかわからないけど稀勢の里には魅力があると思います。応援したくなる。人柄なんでしょうね。だから、もう少し頑張ったら成績も良くなるかも、やめないで。という気持ちもありますし稀勢の里の相撲を見れなくなるのが悲しいですが、いまは、本当にお疲れ様でしたと、その気持ちを込めて拍手を送りたいです。
稀勢の里自身が出した答えなので何も言えないが、出来れば千秋楽まで取り組みが見たかった。
久しぶりの日本人横綱って期待されていたプレッシャーは想像以上に大きかったでしょうね。
怪我を押して出場してたのが今更ながら悔やまれます。
久し振りの日本人横綱として、
かなりのプレッシャーも有ったろうし、
無理を押しての出場、相撲も有った様に
思う。特に横綱昇進後、間も無く怪我した
際に休場の選択が無かったのかな…。と
ここ数年悪戦苦闘している姿を見て
悔しかったけど、どんな苦境に有る姿も
感じさせず、黙々と相撲を取り切る姿を
見せる事も、稀勢の里の理想とした
横綱の姿だったのかなとも思う。
暫くはゆっくり気持ちも身体も休めて欲しい。
お疲れさまでした。
本来なら横綱にはならなかったのに、相撲協会が無理矢理に日本人横綱を作り上げたがために起こった事。
本来なら横綱になって優勝したタイミング、あれで横綱になっていれば変わっていたかもしれないけど、
相撲協会がプレッシャーをかけ過ぎたがためにおきた怪我、それが尾をひいて今回の引退に繋がったと思う。
ずっと日本人力士の優勝がない、横綱がいない状況が続いて、ファンは稀勢の里一人に期待を背負わせて、それが稀勢の里を苦しめたと思う。
いつもあと一歩で優勝を逃してメンタルの弱さを指摘されてたけど、稀勢の里ほど期待とプレッシャーを浴びた力士もいないと思う。
メンタルの弱さを克服して優勝して横綱になって、やっと盤石の稀勢の里を見れると思った矢先の大けが。
先代の師匠は、おしん横綱と言われたけど、稀勢の里こそ、おしん横綱だったと思う。
本当にお疲れ様。今はゆっくり休んでほしい
お疲れ様でした。引退報道見て、昔の千代の富士さんの体力的に限界ですを思い出しました。やはり、力士も幕下から這い上がり、すごい努力をし、幕内に入ることだけでも、大変なこと。横綱までのぼりつめて、横綱になられたことがすごいことだと思います。怪我もされ、頑張りたいと思う反面、体もついていかない状態だったのだと思います。今後は、ゆっくり体を休めて、いただけたらと思います。
2年前の初優勝からの横綱昇進をして、その後も期待していたけど残念ながら8場所連続休場などケガに苦しんで思うような成績は残せなかったけど、よく頑張ってくれた方だと思うのでお疲れ様でした
これからは、ゆっくり休んで第二の人生に向けて頑張ってください
引退ですか。
それでも尚、己の相撲道を追求して欲しかった感はあるが、致し方ない事なのかもしれない。
横綱昇進を決めた場所では大いに感動をいただいた。
そのような人は少なくない筈。
その経験に基づいた後進の指導に期待したい。
本当にお疲れ様でした。
挑戦し続ける姿勢には感動と心強さをいただきました。
ありがとうございました。
残念としか言いようがないですね。
本人も結果を残したかったでしょうが、怪我を完治させずに
無理してしまったからしょうがないのかなと。
今は体を休めてもらいたいですね。お疲れさまでした。
男には負けると分かっていても、闘わなければならない時がある。
カッコ悪い終わり方になったかもしれないけど、最後まで横綱の責任を果たそうとした姿に拍手を送りたい。
お疲れ様でした。



あなたにオススメ