<アジア杯:日本1-0オマーン>◇13日◇1次リーグF組◇第2戦◇アブダビ

2大会ぶり5度目の優勝を狙う日本(FIFAランク50位)がオマーン(同82位)を振り切り、2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。勝負を分けたのは主審のPKに関する判定。日本は前半28分、MF原口元気(27=ハノーバー)が自ら獲得したPKを決めて先制した。反対に前半終了間際、ペナルティーエリアの中でオマーンのシュートがDF長友佑都(32=ガラタサライ)の左手に当たったが、笛は鳴らなかった。結果として1-0になった。

このプレーについて、長友は試合後の取材エリアで「腕に当たりましたね。僕の」と認めた。昨夏のW杯ロシア大会のように、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)があれば確認された可能性が高い。しかし、アジア杯では今大会から初導入が決まったものの、準々決勝から。この試合では使用されなかった。

その点について報道陣から質問されると、長友の口から名言が飛び出した。

「VARがなくて良かったな、とホッとしてます。結果的に『神の手』になって良かったな、って。VARがあったらハンドになっていた可能性は高かったと思います」



あの場面、相手シュートに対して長友が体を投げだしたところ「腕が残っていて、当たってしまった。ペナルティーエリアでは何でも起こり得る。気をつけなきゃいけない部分ではありました」。一方で、原口がPKを獲得したシーンにも言及。MF南野のシュートのこぼれ球に詰めた原口が伸ばした右足と、クリアしようとして相手DFの右足が交錯した。

笛は吹かれた。ただ、長友は「逆に僕らのファウルも…まだ(映像を)見てないですけど、ファウルがあったのかどうかも、ちょっと分からない状況でPKをもらえた。もう1回、引き締めてというか。ペナルティーエリアでは集中して戦いたい」と振り返った。

主将のDF吉田も判定に明暗を感じた。「僕らがもらったPKも、向こうが取れなかったPKも。どちらも運があったと思います。中東でやる時には、珍しいジャッジになったと思います」。中東の笛、と呼ばれる不可解な判定には、過去何度も苦しめられてきた。しかし今回は、日本に有利に働いた、と選手は厳粛に受け止めていた。

試合後の会見でも、日本の森保監督とオマーンのピム監督に、PK判定に関する質問が集中した。森保監督は「レフェリーのジャッジに従いたい」。ピム監督は「アンラッキーだ。取られた場面はフィフティー・フィフティーだったし、ライン上かどうかも微妙だった。反対にハンドがあったので1-1になっていたかもしれない」と指摘した。ただ、こうも話した。「見解を言っただけで審判への不平不満はない」。潔く結果を受け止めた。

前半1回ずつ、両軍の陣内で起きたプレーが勝敗を分けた。明暗を分けた。結果は、日本が1点を奪い、オマーンが1点を失った。2連勝の日本は17日の1次リーグ最終戦(アルアイン)で、同じく2連勝のウズベキスタンと1位通過を争う。オマーンはトルクメニスタンと、各組3位の上位での決勝トーナメント進出をかけて同日に対戦する。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00445935-nksports-socc



ネットのサポーターの反応は

日本は不利な判定に苦しめられることが多かったから、たまには逆があってもいいだろうと思っていたけど、実際に起きてみるといい気分はしないんだよね。
相手は可愛そうやったね
逆の立場だったら全く納得できないただ審判の方もよく裁いていたとのこと
人が見る限界にきてる
現代サッカーはビデオ判定が必要のように思う
間違いなく審判に助けられた勝利でしたね。
長友のハンドが取られてたら、長友はイエロー以上の警告も出てた可能性が高いから
次戦以降の試合にも影響が出るから
色んな意味でも運が良いね。
シュートのときに右腕を気にしたら左腕に来ちゃった感じですね。
長友選手のヤバいっていう表情がすべてを物語ってると思います。
会場が中東なだけで審判は中東の人じゃないからね。
本来こうあるべきだ。
中東には変な一体感があるからな。
日本は国際大会ではサッカーに限らず、不利な判定になるので、タマには逆になってもバチは当たらないと思う。
また、日本人の良さがコメントに出ているように思う。
他国では絶対に認めないだろうから…
夜遅くまで見ていて損をした気分。
チームの出来の悪さにはがっかり。
今の状態ではイランや韓国には勝てない。
やはり中島がいないのは大きい。ワントップ北川では無理、ポイチさんが交代枠を残すのも疑問。
たら・ればの話をする必要はないと思います。VARは準々決勝からというルールなので、そこから気をつければいいってだけの話だと思います。

あの長友のTVからだけでも100%ハンドだ解る判定にオマーンの監督も選手もあれ以上の抗議はせず立派だったと思う
某国だったら試合放棄されそうな試合だった

映像で自分のミスジャッジの愚かさ(今回に限り英断)を知った主審
次は日本がオマーンとは逆の立場になりそうだから暫くあの審判は主審としては使わないでほしい




あれはPK
それより、守備が不安で
強いチームと対戦したら
何点も取られる姿が想像される

判定について言えば運は良かった。

長友は右手を引っ込めた形でスライディングにいって左手は審判から死角だった。追加副審はシュートの瞬間にゴールラインの判定に集中するから手に当たった瞬間は見ていない。
映像から見る限りはこのように感じた。

PKじゃないのをPKの判定。PKをPKととらない。実質負けてたよね。
勝ったけどまったく良い気がしないよね。長友も よかった なんて言ってはいけないと思うが。

中東では判定でいつも苦しめられてるのに、まさかの日本有利の判定、でもやっぱり気持ちいい勝ち方じゃないよね。
そういう意味では、VARの導入って、すごくいいと思う

今まで中東のチームと対戦したら不利な判定になる事が多かった。けど今回の審判の判定に対戦相手は納得いかない判定だと言われても仕方ない完全なハンドだった。
審判に駆け寄るオマーン選手のスピードは半端なかったね。あれだけ決定機を決められなかったらいずれやられるかな とは思ったが。
もし自分がオマーン人だったら
無茶苦茶怒ってる。
PK2回分やられたんだからね。VARの必要性を改めて
強く感じた試合でした。
珍しく日本有利な笛だった。
やっぱ公正が一番だ。
それが難しいけど
原口のPKの判定も微妙だったな。今回はまさに運で勝ったといえる。
中東の笛に助けられた試合。
しかし昨日はオマーンが可哀想ではあった。




Twitterの反応は





※リアルタイム
 

自信満々で積極的な気持ちで試合に挑むためには、日々の練習しかない。自分に自信を持てる努力、準備をする。 - 長友佑都

平愛梨の地元で小中一緒の学校やけど、長友と結婚するとこんなにも人生変わるのか こんな田舎から

@YutoNagatomo5 長友さん、お疲れ様です。 挑戦することが大事ですね(o^-')b !

トルコリーグ ガラタサライvsバシャクシェヒル 勝った方が優勝とはいえ両チームともテンション上がりすぎでしょ。審判もよく最後まで裁いたよ。選手もサポも溢れる情熱はよいがプレー以外のところで発揮しすぎだ。こういう大一番だとクラブとしての経験の差が出るな。長友はクラブに恵まれてるわ。

長友一家幸せムンムンすぎる…エモい……仕事頑張ろう…



あなたにオススメ