出展:JNN

オンラインゲームなどのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム」への依存症「ゲーム障害」について、厚生労働省が来週から初の実態調査に乗り出すことがわかりました。

「ゲーム障害」とは、ゲームをしたい衝動が抑えられない、日常生活よりゲームを優先し、身体にも影響が出るなどの状態のことで、WHOは今年5月にも新たな「疾病」として認定する方針を示しています。

そうしたなか、厚生労働省が来週から「ゲーム障害」についての初めての実態調査に乗り出すことがわかりました。全国の10代から20代の若者6000人を無作為に抽出し、調査票に記入してもらう方法で行われるということです。

世界的にも初の実態調査となる見通しだということで、厚労省は「結果を受け予防や治療などの具体的な対策につなげていきたい」としています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190111-00000032-jnn-soci



ネットの反応は・・・

重度のゲーマーは日常生活に支障をきたして、万年睡眠不足。

強い意思で自らアカウントをアンインストールするしか打つ手はないと思う。

本当に重度なゲーマーは回答すらしないと思う。そんな無駄な時間に使うくらいならゲームする。あと、最初から対象を10~20代に絞っている点ですでに結論ありきの調査に思える。最後にパチスロもなんとかしたほうがいい。
ユーザー側の保護もそうだけど、最終的にはメーカー側に何らかの規制を出しそうだね。
昔のテレビゲームはクリアしてエンディングを見て終わりだったけど最近のゲーム、特にネトゲはキリがないからな。次々と新しいコンテンツが追加されるし、一人でプレーする据え置き型のゲームと違って他のプレーヤーとの人間関係にも気を配らなきゃいけないもんね。四六時中それしか考えられないような中毒になる人間出てくるのも当たり前だよ。
自分は自活は出来ているし、年齢的にも対象からは外れるけど
子供の頃ゲームボーイを与えられてから今日に至るまで、娯楽イコールゲームっていう人生を送ってきた
他の人が青春を送っている間もゲームだけしてたゲームから得た経験を、今現在創作に還元して多少収入も得られてるから
あの時間が無益だったとは言わないが、もし他のことに時間をつかってたらと想像して虚しくなることはまま有る

ゲームは金がかからないから暇潰しにちょうどいい。休日に一日中やっても電気代しかかからないし。外に出るような趣味は万単位で金を使うからね。

所謂ソシャゲは課金させるために射幸性を高めている訳で、これは依存症と呼ぶべきだし医学的なサポートも必要だと思うが、そうじゃないゲームでただプレイ時間が多いだけで依存症と言うのは違う気がする。

趣味にかける時間が長すぎるのはどんな趣味にも起こりうる。長時間ゲームをするのと長時間ネット将棋をしたり本を読んだりすることに何か違いがあるとも思えない。

ゲームだけに限らず、全ての趣味はのめり込めば、依存症になりやすいけどな。特に健康的だと洗脳されているスポーツなどは依存障害になりやすく、特に筋トレやランニングは依存症になりやすく、依存症になればトレーニングしなければ落ち着かず、肘や膝を怪我してまでもトレーニングし続ける人間が多い。こうなれば不健康で立派な依存症す。ゲームだけに限らず、こういうのも全て病気として扱うべきだろ。
30代以降は対象外なの?
大人でもハマって大変な人は、少なくない気がするけど…。
これやるなら、スマホ依存も調べるべきだろ。




ネトゲは確かに中毒性が高い。
明確なゴールがないため延々と時間を浪費するケースが多い。
上記自体は否定はしないけど、例えばLogin時間は1日12時間までにするとか、規制が必要かもしれんね。
ま、それも複アカとかで回避できそうだから効果が限定的かもしれんが。
自分も親の介護してるとき楽しみがそれしかなくて
ずっとオンラインゲームしてたよ何年も
ほかに楽しみが無いとか不満やストレスがあって
しかも自由に外出できないみたいな環境の人がハマりやすいのかもね
介護を施設に頼んでそのあと介護鬱から抜け出せなくてきつかったが
それから回復してきたら全く興味がなくなったゲームに
不思議だな

「ゲーム」とひとくくりにして記事にするにはまだ内容が薄いように思う。今後の調査で対象を絞っていくのだろうが、「ゲーム」に対しての風評にならないように努めてほしい。

例えば一人暮らしのゲーマーが通話アプリなどを使いながら孤独ではない時間を過ごせているなら反対できるだろうか?そこにはゲームだけの会話だけでなく何気ない生活からの会話や世間話のようなことも話しているだろう。
しかし、のめり込み過ぎていることに気づかせてくれる周囲の環境も必要なのは確かだと思う。

ネットゲーム依存が急激にすすんだのは
「基本プレイ無料」という点が大きいと思う。
スマホ依存も、数千円で使い放題だから、四六時中眺めてるわけで。無料ばかりじゃなくて、有料ゲームもあるし
サクラがいなきゃ大勢で遊べないだろ?と言う人もいるけど
やっぱり、一番の原因は「基本プレイ無料」だと思うよ。

自分はゲームを全くやらないけれど、ゲーム障害は誇張している気がする。長時間ゲームをしていたら障害だと言われ、テレビ音楽鑑賞、読書などをいくらしていても障害だとは言われない。薬物のように摂取し続けて臓器の機能不全、脳にダメージを与えることで精神疾患がでるなど、依存物が直接的に影響を与えているという医学的な根拠がある場合なら障害認定は取り入れるべきだと思うが、ゲーム障害ではそのような明確な根拠があるのだろうか。
オンラインゲームは終わりがない。
ゲームはいくら頑張ってもゲーム配信者でお金を稼ぐこと以外は将来のためにはほとんどならない、年寄りがゲームするのは脳の予防には良いが。
ほかに将来の目標があるならあまりゲームに時間を費やすよりもためになることをやったほうがいいと思う。
ゲームに限定すべきではない。
SNSやLINEなど、インターネットへの依存度が問題なのだからスマホ障害として扱うべき。特に学校現場じゃかなり問題になっている。しかしあまり表沙汰になっていない。
個人的にはかつての暴走族ブーム並の問題だと感じている。

ゲーム依存といったら
体の疲労も考えずひたすらゲームすることによって
最終的には死に至るっていうね。
ネカフェとかで問題になってたって韓国で騒いでいたよな。
そして、ゲーム依存対策でゲームの仕様を変えたり色々と細工されたね
今ではどうなっているのかわからんが
結局は家族関係の問題が強いんだろうね。
家族でコミュニケーションもとらないような家庭も増えてきているし
親の教育も必要なんじゃないかと思う。
実態調査は結構であるが
ゲームが悪い、で済ますことのないように。ゲームの場合、アルコールやタバコのように化学的依存物質があるわけではない。
生活に余裕がないのに買い物しすぎてしまう「買い物依存症」や、
死ぬまで仕事をしてしまう「過労死」と同じことで、
原因はゲームそのものより、その人の精神的問題や、周りの環境にある。

生活の満足度が低かったり、学校でいじめられて不登校になったのが原因だったり、うつ病が原因だったり、生まれ持った障害が原因だったりなど。

なのでゲームを規制しろとか、ゲームは悪だとか、そういう極論ではなく
「なぜ一つのことに依存してしまうまでになったのか」を究明・解決することが大事。
そういう人からゲームだけ取り上げたところで、他の物に依存するか、他者を傷つけるか、己を傷つけるかのどれかになる。




仕事で早朝から夜中まで働いていたら必然的に少ない余った時間で手軽に出来るゲームに頼る形になってるんだと思います。厚生労働省さんも忙しいなら調べるまでもなくわかるはずですが、働く人が夕方までに帰れたなら、おそらく外出する人も増えるでしょう。

買い物やギャンブル依存と大差ないと思いますけどね。

対象が異なるだけで分類増やしたところで、結局は依存対象と距離を置く環境づくりとか同じような対策になるのでは。

無作為に抽出した6000人の中に、ゲーム依存の人なんてそんないないと思いますが、どれだけ参考になる調査か甚だ疑問です。

初の実態調査という事に驚いた。

自分は将棋ゲームをちょっとするくらいだが、たまに時間を忘れてやってしまい、時計を見てビックリする事がある。

翌日、眠い目を擦りながら仕事をするが全然はかどらない。
これも「ゲーム障害」かな?

せっかく調査するなら30代以降も調査すれは良いのに。

これを作り出してる一つはゲームシステムのせいかなと。
結局、今まではゲームは暇になってやりたい時にやってたのが、基本的には仕事をしてない人用に作られてるので、○時にログインボーナスとか毎週のようにループでイベントをやってるためにそう言うのをとったりするために上位レベルの人は仕事よりもきついレベルでやってるはず。
課金をしてないうちはぱっと止めれるけど、やると真理的にこういうループに入っていくんだと思う。
うちの子は、不登校をキッカケにスマホゲーム依存、ガチャ依存になりました。
課金依存だけは免れたものの、脳がおかしくなります。
つまり、理性を失うキッカケにスマホがなり得ます。
やっとあの嵐から抜け出し、登校し始めた今、安易にスマホを渡す前に、いくつかの約束事を作るべきだという学術的な論文や、
ガチャの政治的な制約を求めます。
こういう記事を読むといつも思いますが、これって依存体質の人がいるという話で、そういう人は世の中からゲームが消えてなくなったとしても別の何かに依存するのではないかと思います。
ゲームは夢中になりやすいコンテンツというだけで、ゲームをどうこうしても根本的な問題解決にはならないと思います。
スマホ障害の実態調査もぜひ。小規模じゃなく大規模で。
とくに、アプリに日常生活を支配されてる人たちの実態について。
携帯電話が数十分手元にないだけで不安に感じるだけじゃなくパニック障害発症するなんて、20年前では考えられない異常行動。
メールやラインを何が何でも確認しないと恐怖を感じるらしい。
おもしろいゲームを始めると、「仕事終わったら続きをしよう。」
とかになるし、若いころは睡眠もそこそこに没頭したこともあった
なぁ。
ただ、思うんだけど「パチンコ依存症」や「ギャンブル依存症」な
ども一種のゲーム障害では?
お金が絡むことについては昔からあったけど、お金が絡まければ今
の今まで放置されていたということになるんだけど。とはいえ、ネ
トゲのしすぎも課金が絡んでくるだけに、厄介なことではあるかな。
しかも、みなさんコメしてますけど、10代20代に限った話では
ないと思うし。
ゲーム障害のみならず、スマホ依存など包括的な調査が必要。
絶えず手元にスマホが無いと落ち着かない人、若者に限らず
中高年層でも結構見かけます。
ソシャゲなど、射幸心煽りまくりのゲームが氾濫していて
生活破綻してる人も結構いるでしょうね。



あなたにオススメ