私立の小中学校や高校で、児童や生徒にスマートフォン(スマホ)の持ち込みを認める動きが広がっている。公立小中学校へのスマホ持ち込みを4月から認める大阪府教育庁は、私立の取り組みも参考に市町村教委向けのガイドラインの作成を進めている。

「生徒の安心安全を優先するには、迷っている暇はなかった」。昨年6月に起きた大阪北部地震の後、持ち込みを認めた金蘭千里中高(大阪府吹田市)の中村聡太教頭は振り返る。

約1100人の生徒は大阪府内だけでなく、京都、兵庫、滋賀の各府県から通う。大阪北部地震は通学時間帯に発生した。多くの生徒が足止めされ、安否確認に夕方までかかった。

元々、スマホの持ち込みは「原則禁止」。登録制だったが、申請を全て認めるわけではなかった。地震の後、「原則として認めてほしい」と要望が相次ぎ、2学期からルールを変えた。

下校時まで教員が預かるため、仕切り付きの保管用バッグをクラスごとに用意した。40台収納でき、取り違えないよう名札もつけられる。中村教頭は「高価なものなので慎重を期した」と話す。

須磨学園中高(神戸市)は2010年度、生徒全員に学校が法人契約で指定した機種を持たせる「制携帯」を導入。16年度からスマホにしている。

有害サイトに接続できない設定にし、使用時間も制限。授業中は電源を切る決まりだ。高校の土屋博文校長は「緊急時の連絡手段を確保するのは自然な流れ」と語る。

一方、大阪桐蔭中高(大阪府大東市)は、持ち込みを一切認めていない。小西宏教頭は「SNSいじめなどのリスクがあるうえ、使い始めると手放せなくなる。勉強に専念してほしい」と説明している。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00050034-yom-soci




ネットの反応は・・・

日本メーカーはこういった学校法人契約専門の機種を開発したらいいと思う。教師側で一定の機能制限をできる機能を付加した。例えば授業時間は強制的に機能を制限できる。保護者の認証パスワードがあれば、SNSの内容を閲覧できるような。そして通信会社はその機種専用の格安プランを作る。キッズ携帯のアップグレード版を作って、学校と連携していけば利益もあげて運用していけないだろうか
連絡網などが個人情報管理の為に廃止され連絡手段が固定電話から携帯端末に移行していて生徒に連絡を取るのも固定電話でなく個人携帯になる為、学校が配布すれば生徒に同じ環境で連絡が可能になるので良いことだとは思う。
ただ連絡を重視するならスマフォでなく携帯で十分機能を果たすと感じる。緊急連絡はメールで送信すればよく操作する側もボタン操作ができる方が操作ミスが少なくなる為、意図しないタッチ操作での誤操作がなく安易な書き込みやSNSのイジメなどの温床になりにくくなる。
犯罪面を考えても、持っていていいと思うけど、キッズケータイ限定にした方がいいと思う、スマホは、ゲームもできるから、登下校中にゲームしたり動画を見たりってなると思う、親の目がないから、課金もしてしまうかも、学校で預かるにしても、スマホはわりと高価なものだから、壊れたりした際の補償も問題になる、でもキッズケータイレベルなら、むしろ持たせたい、地域の子どもが少なく、遊ぶのにも広範囲になるので、どこにいるのかわからなくなるなど、問題が多いのも現実なので…

生徒が信頼できるレベルの学校と、学校が管理しないと大惨事になるレベルの学校があるから対応は非常に難しい。

現在のイジメはスマホ使用によるSNS内によるものが多いが、学校は全く関与できない部分。

それなのに、裁判では学校の責任となり、億単位の賠償命令を出される。

あった方がいいけど、費用負担の問題があるし、学校が避難所になってるんだったら、予算は他に回した方がいいかも。

タブレットPCみたいに売れなくなってきたから学校に売ろうみたいな発想だったら、やめてほしい。

子供たちに連絡が取れるような端末はほしいが、SNSだったり有害サイトだったりの悪い使い方はしてほしくない。
つまりこういう為の機能が制限されたスマホもどきみたいな端末は商機があるってことだと思います。防犯ベルを持たせるように子供たちに一律こういう端末を持たせるのはアリだとは思うので、自治体がその気があるならメーカーが良い提案をすれば商品化できるのではと思います。
いい試みじゃなかろうか。なにかあったら学校のせいにされるが、モノを分けたら責任の所在もひとつはっきりする。SNSやネットが危険だからと隔離しても、現実的についてまわるのは明らか。そもそもこれからの世の中で活用できない方が大問題。大切なのは上手な付き合い方を模索することで、その試みのひとつとなるのではなかろうか。
通信費がどういう契約なのかは非常に興味ある。課金や使いすぎ対策は?
スマホである必要は無いと思うが、何らかの形で情報の授業に活かせればよいと思う。
スマフォを持つことで生まれる犯罪やいじめなどののリスクと、持たないことで起こる問題のリスク、どちらが大きいかと考えた時、断然前者ではないのでしょうか。
生徒の安全のために持たせるものがスマフォである必要性を感じません。
東日本大震災の時は都内でも電話が不通になったなかで、唯一連絡を取れる手段がSNSでした。そんな側面から携帯電話ではなくスマホの方が緊急時には機能すると思われます。SNSはメリットもデメリットもありますが、そこは家庭でしっかり教育すればいい問題であり、学校側に管理させるのは筋違いだと感じます。
学校に持ち込まないとか、学校ては電源を切っておくとかルールを決めても・・・
学校の外や放課後等は、実質的に使っているしSNSを利用したイジメは、学校の管理外で発生している。




スマホでなくてはいけないのでしょうか?

子どもなら連絡手段と防犯ブザー、万が一の位置情報把握(防犯ブザーを鳴らすと位置情報が親に送られる)、また、ブザーを鳴らすと自動的に指定登録された番号に電話がいくなど、防犯上色々な機能がついています

SNSなどでのいじめをどうこういうよりも
学校側が主導でもたせて、使い方やマナーやできればいじめに
つながらないように注意するような仕組みなどを構築していくなら
非常に良いことだと思います
スマホでなければならない理由は無いけれど、緊急地震速報などの機能を考えるとスマホが一番安全なのかなという気もする。それ以外に同じ機能を持つ何かで代用できるならいいと思いますが。
全面持ち込み禁止は、時代の流れに沿っていない気もしますが、それでも生徒がついて来ているなら「そういう学校」なんでしょう。良い意味で。
日本みたいに、大きな自然災害が頻繁に起こる国では、連絡手段として必要。犯罪面を考えても必要。しかし、スマホで起きてスマホをもってトイレへ行き、ご飯を食べながらスマホ、学校から帰ってきたら一通りスマホのチェック、風呂に入ってもスマホ。驚くことに友達同士でいてもスマホがあれば会話がなくてもOK.このスマホ文化は早いうちに対応を考えた方がよい。
小中学生でも、個人に連絡手段を確保させることは確かに必要だと思う。
ただ、フル機能のスマートフォンである事は間違いです。
SNSによるイジメ、知らない人との繋がり、さらには犯罪にまで発展しかねない。
また登下校中にゲームをして、歩きスマホによる事故なども必ず起きるはず。電話とメール、GPSの追跡機能、あと災害時に情報を得られる程度にアクセス制限が掛かったサイト閲覧機能があれば十分じゃないかなー?
大阪桐蔭の取り組みは立派だと思う。そのようにするからこそ、野球やサッカーが良い成績を生み出し、良い人材が排出されるのではないか。 社会に通用する人を作るのであれば、わきまえたルール作りをすべきだと思うのだが。
一歩進んだ取り組みも必要かも知れない。機能や使用内容に制限を設けて、正しい使い方を教えるのも方法でしょう。可能ならば、諸連絡も紙体でなくデータで送った方が確実だし欠席者にも届けられて便利。保護者と子供と学校が繋がっていれば、多少安心感は広がる感じがします。問題は、予算と紛失時の対応ですかね。

スマホや携帯を学校に持ち込ませていいか、悪いかは長い間議論されている問題だがやはり災害が起きた際の子供の安否、事件事故に巻き込まれた際の安否等必要かと思う反面、授業中にもスマホや携帯をいじる、LINEとかでグループを作り仲間外れや陰湿ないじめをする、事情でスマホや携帯を持てない子供が惨めな想いをしたりいじめられたりする…結局のところ必要最低限の機能しか使わせないようにすればいいだろうが、現状それが難しいんだろうな。

小学生にスマホは必要ないと思うが親や先生や警察に危険を知らせる防犯装置的なものが必要だと思う。
スマホが現在防犯の役割しているとおもうがそうではないボタンを押せば身近な警察や先生がたすけてくれるスマホや110番につながるスマホ以外の装置があればいいと思いますよ。

タブレットを導入する中高は多いが、使ってみて結局はアナログに戻っていくというのが実情だと思う。

特に私立の学校の経営側は、宣伝的な意味も込めて、最新の教育に取り組んでいるというアピールをしたいのだろう。

スマホでなくても良いと思います。
スマホみたいに高いスペックは必要ない。
小学生中学生がスマホ機能を要する場面が不自然。




校内で使わなきゃいいって事ね。通学や帰宅途中でいじりながら帰る生徒多数出そうだね。緊急用で所持させるならスマホでなくてもいい気がするけどね。それに本当に災害があったら通話も通信もできなくなる可能性は高いし、先生が預かる訳だから震災クラスの地震が本当に来た時は集めたスマホを取りに行く時間やそれぞれに返してる時間があったら避難すると思うんだけど。
携帯電話を持つこと自体はそんなに悪いことではありません。持つ人間の問題です。
現教員ですが、本当にうんざりするほどネットトラブル多いです。こちらとしては、携帯持ってくれって頼んだわけでもないのに、トラブル起きたから先生解決してくださいって、かなり調子良すぎませんか?放課後のことまでなんで面倒みないといけないのって感じです。解決しないと学校生活にも支障をきたすので致し方ないですが。
賛否あるだろうが自分は反対。
親が持たせるのは自己責任でわかるが、学校が持たせてどうするんだヨ。連絡だけに使いならワザワザスマホにする必要ないんじゃないか?携帯で充分でしょう?しかも、スマホの通信費は誰が払うの?親?学校?私立ならまだしも公立が許せば、スマホの通信費も税金で?みたいになるんじゃないか?区別がなくなるのが一番良くないと思う。
簡単な話、生徒がいわゆる「頭いい」進学校の生徒は別に携帯許可しても特別問題が起きないだろうが、対して一般的な学校で許可すれば「問題」の発生することは目に見えている。
クラスの雰囲気を大事にしろとはよく云ったものだが学校の雰囲気はもっと様々で、一概に全ての学校で同じ対応をとるというのはやるべきではないだろう
本当に、どうしても子供の連絡に必要なら、親はキッズケータイ
でも持たせておけば良い。狭い教室の中で、スマホ等を使っていれば、ゲームをするか、虐
めの温床にしかならないだろう。
子供のスマホは難しい問題だけど、自分は反対。
子供には、苦労してでも”面倒”を経験して欲しいと思うし、それも勉強だと思う。
便利や楽を先に経験してしまうと、不便を回避する考え方になる。
ちょっと極論だけど、自分勝手な考え方の人間が増える。
単純にスマホOKではなくて、
「スマホを持たせる(許可する)」+「スマホの正しい使い方やモラルを教育の一環としてきちんと行う」というセットで認めるのであれば、ある程度の期待はしたい。どうせ多くの子は高校生になればスマホを持ち始めるのだから。
持たせないことよりも正しく使う方法を教えるという方向に動いてほしい。
大人ですらネットリテラシーに欠けていて多くがゲームやらラインが主でしょ。ネット上のいじめなんて撲滅は不可能にちかいと思うし、その安否確認とかなんて携帯が現れる前なんて凄い手間を掛けてやってたはず。便利さとの背中合わせには不の面も有るのが常だと思うけど世の流れに乗るなら規制だけじゃなくてどう使い身を守るかの教えを親子共々しないといけないと思いがす。
学校で一括契約して生徒の配布するのなら
スマホではなくガラケーで良くないか?
安全面で、緊急連絡で、と言うのならスマホの必要がない。



あなたにオススメ