【パリ共同】欧州警察機関(ユーロポール)は10日、アルメニア人の犯罪グループによるプロテニスの試合の八百長や賭博の疑惑をスペイン当局が捜査した結果、プロ選手28人の関与が判明したと発表した。うち1人は昨年の全米オープンに出場した選手という。

スペイン通信によると、当局はスペイン人のマルク・フォルネルメストレス選手(36)が、犯罪グループ側と八百長に応じた選手側のつなぎ役を務めていたとみている。ユーロポールは選手名は明らかにしていない。

発表によると、下部ツアー大会の少なくとも97試合で八百長があった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000002-kyodonews-int




ネットの反応は・・・

スポーツ界はテニスに限らずまだまだ隠れている八百長が多いと思う。氷山の一角。
テニスの八百長はなかなかなくなるものじゃないと思う。
この28人以外もかなりいるだろうし。
大きな大会で優勝すれば賞金は凄いけど、ほとんど賞金を得られない選手が大半らしいし。
永久追放でお願いします

選手名は明らかにしていない

と言いながら、全米オープンの人はそれだけでわかっちまうのでは。

それにしても残念としかいいようがない。
これだけ大量の選手が永久追放となる。

八百長スポーツといえば、あの国が有名。

最初は強く打って、あとは流れで。
無気力な試合用してる奴は疑われるな。
テニスは格闘技と同じく2人でやるから
八百長の発生率は高くなります。
調子が悪いのか、わざとミスショットしたのかまったく区別はつかないです。
何故、八百長で当局が動くのか?
八百長で誰が一番得するのか?
テニスはギャンブルの材料なのか?
その全米に出た 一人の選手は、誰なのだろうか?
ひどいなー。名前公表して全員クビにすべきです。
相撲に限らず「差し」でやるスポーツ、
勝負事に「八百長は」付き物だと思いますよ、需要と供給が有るから。



あなたにオススメ