出展:JNN

先月、日本航空の客室乗務員の女性からアルコールが検出された問題について、飲酒を否定していた女性が一転して認めたことが分かりました。

先月、日本航空の成田発ハワイ行きの便に乗務していた客室乗務員の女性(46)から、社内の基準値を超えるアルコール値が検出されました。

女性は当初、日本航空の聞き取りに飲酒を否定していましたが、その後、一転して飲酒したことを認めたということです。女性は機内食のサービス後、調理室内で客用のシャンパンをコップに注いで飲んだと話していて、飲酒した理由を「リラックスしたかった」と説明しているということです。

女性はおととし11月にも乗務中の飲酒が疑われる事例を起こしていますが、この件についても飲酒したことを認めていて、日本航空は女性の処分を検討しています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190111-00000006-jnn-soci




ネットの反応は・・・

46歳ともなればかなりのベテランで多少の違反でも後輩は黙認しなければならないのだろう。
しかし飲酒の情報が管理者の耳に入って対応するることになり現行犯とするために先輩でも毅然と対応できるメンバーが検査機を持って乗務したのだろう。
処分を検討って。
当然懲戒解雇では。
安全意識はどこへ行ったのか?
教育を受ける年齢ではないはずお手本となるべきなのでは。
安心してJALには乗れない。
「処分を検討」って何?
速攻で懲戒解雇にするべきでしょう。
厳しいかもしれないけど、この人はベテランそうだから尚更。
かといって若い人が同じ事をしても駄目なんだけど。
はっきり言ってこの人はプロ意識が足りない。
飲んだことより嘘ついた方が問題になってしまったね。

機械は嘘を言わないって事、故障はあるけど。

ま、この人は常習犯だからね~ 同情できないな。

勤務時に、一人で更衣室の自分のロッカーの扉を開けてしゃがんでコソコソしている人は疑ってもいいだろうね。隠れ飲酒はどうなんだろう?案外多いのかもしれない。

JALに搭乗したとき、年配のCAさんが何名かいて、動作や言葉のイントネーションなどが落ちついていて それだけで安心できる と思っていた。

最近はANAに乗る機会が増えていたけれど 自分的にはJALも好きなので残念です。

飛行機の操縦に関わらないCAが飲酒してはいけないのはCAは万一の時の乗客の安全確保が第一業務だからだし、勤務中の飲酒がダメなこと以上に就業時に残留アルコール値が基準超えてたら正常判断に支障が出るのはパイロットと一緒なんですよね。
JALは昔からたくさん問題をずっと起こしていて、倒産まで経験したのに、懲りないなぁ




JALにはかなりお世話になってるし、私はJALが大好きだから信用を取り戻してほしいな。一度失った信用を取り戻すのは大変だと思うけど。
JALに限らず、勤務中の飲酒はもっての外。安全上、酒好きの人は航空業界には向いてない。
かなり前からの常習だったんだろう。始めは舐めるだけ。次に一口。グラス一杯と増えていったんだろう。これじゃ始まりは100円くらいならの横領と一緒。厳重に処分しないと根絶やしできないよ。
ほんまにアメリカで起こってることが10年以上遅れてちゃんと問題になるね
これは、もう「中毒」の症状なのかもしれませんね。
リラックスしたかった…って、乗客がいるのに
リラックスしちゃダメでしょ!
あれだけ嘘をついていて今更逃げ切れないから白状したわけですね
嘘をついた分、初めから素直に非を認めた場合よりも格段に厳罰に処するべきですね
懲戒免職が諭旨免職になるかな、という程度だろうな。会社側がどう対応するか。
「お客様用のシャンパンを」って……
横領の無銭飲食に近い状態。
懲戒処分は解雇か甘くて今後減給でしょ。
それと、管理ができない危ない日本航空は
今後絶対に使わないようにする。
墜落してもおかしくないと感じてきた。
勇気ある後輩CAの告発か、はたまた客が気付いたのか、話が表に出た経緯も書いてほしいな記者さん。




モラルがないのは解るけど 操縦士じゃなくても、責任は問われるんだな。
一口でも口にしたらダメでしょう…。
関与していないJALの社員や関係者が気の毒。
往生際が悪かったね
なにをしても怖くない年齢か
な訳あるか、
これからは、好きなだけ飲めるよ
まあ客室乗務員が飲酒したって飛行に問題はないけどさすがによろしくないな。酒飲みはみんな仕事中入院が飲めればこんな嬉しいことはないよ。でもどんな仕事の人も我慢してるわけで。
機長等、同様にお客様の命を預かっている側の人間がリラックスしたかったとは…
呆れるし航空トラブル時になった場合、ベテランアテンダントとして乗客の皆さんにどう言う言い訳をするのか⁈
長年、勤務して来て仕事を舐め過ぎです(-_-)。
ストレス凄そうだけど、今の時代だと許容されないよね。自己退職かなぁ。結構悪質だし。まぁ、英語とかベラベラだし、普通に社会復帰出来るよ。通訳も出来るし。
依存症なら治療しないと
パイロットといい、客室乗務員といい、飲酒のNEWSばかりでどうなってるんだか…
JALはもう末期だなぁ…
仕事に対する熱意や意志を完全に失くしておられるように感じます。
真面目に仕事に打ち込んでる、ほとんどの人に対して本当に迷惑な話だと思う…
客室乗務員、操縦士、副操縦士、その他飛行機に関わる重要なセクションを任せれてる人、、、
法的に処罰されないことをええことに酒飲んで仕事に挑んでるんやね。。。
いつかそのうち酒関連で大事になると思うわ



あなたにオススメ