出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000060-asahi-soci

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が私的な損失を日産に付け替えたなどとして逮捕された特別背任事件で、東京地裁(多田裕一裁判官)は8日、前会長の勾留理由を開示する手続きを行う。通常の裁判と同様に公開の法廷で開かれ、前会長も出廷して10分ほど英語で意見を述べる予定だ。昨年11月19日の逮捕以来初めてとなる公の場で、何を語るか注目される。

ゴーン前会長の弁護人が4日、勾留理由の開示を地裁に求めていた。勾留理由の開示は、容疑者や被告に対して裁判所が勾留を認めた理由を説明する手続きだ。裁判官は「逃亡や証拠隠滅の恐れ」を理由に挙げるのが通例だ。これに対し、容疑者や弁護人は、それぞれ10分以内で意見を述べることができる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000060-asahi-soci




ニュース動画

ネットの反応まとめ


(ANN)

・日本にとってこんな風に国際的に注目される法廷闘争というのは、あまり前例がないんじゃないだろうか。有罪かどうかよりも、この先の裁判の手続きや展開を海外のメディアが自国の基準と照らしてどう評価するのか、個人的には興味がある
・逆に言うと、勾留理由が明らかにされてもいないのに
一ヶ月以上勾留したって事実の方がすごいと思ってしまう推定無罪がうんたらかんたら
・どうなることやら。
日本人と感覚や考え方がそもそも違うだろうからね。
食い違いや解釈の違いをすり合わせをしつつ進めるんだろうから時間ばかりが過ぎていきそうだね。
・多分
ビックリする事を言うと思う
日産の物は自分のものと思ってるから
・西川社長をなぜ逮捕しない?
彼の逮捕なしに全容解明は難しい。

・10分という短さが、カルロスゴーンの能力を如実に物語るでしょうね。一石投じると思います。

いや、擁護するつもりは無いのです。が、能力の高い人ほどこの様な悪事をするのです。

・数々の事実は間違いないと思うが、問題なのは、その事実では日本の法律では違法に問えないこと。
・検察は油断しない方がいい。
相手はあのカルロスだから。
うかうかしていると、ゴーンとやられる。




・お互い主張を徹底的にぶつけ合ってほしい。
・いっつも思うけど凄い顔してるな。音楽の教科書に載ってそうな。
・日本の法廷で大逆転って難しいと思いますよ。
・情報番組がにぎやかになりそうだ。
・ゴーンも姑息な事をせずにおおっぴらに行えば今も安泰だったかもね。でも、甘い汁はもう吸えない。

・財務省の改竄で不起訴とした東京地裁。

世界から注目されてる。

・10分で終わるかな?
時間オーバー。
答弁強制打ち切りの予感。
・保身に走るとしか思えない。
どうでたところで日産の信用は戻らない。
・息子が然もありなん的な演出めいたことを言い出したのが慌ててる証拠。
・息子が「拘置所ではご飯3杯しか食べさせてもらえないから父は10kgも痩せてしまった」とお涙頂戴作戦をやってるが、今までが食い過ぎで太り過ぎだったんだよ。拘置所での規則正しい食生活で標準体型に近付いてるんだ、感謝せよ。

・今まで関係者を名乗る筋から、不正に関する情報のリークはあったが、本人の口から語られることは無かった。

悪者説だけが延々と垂れ流されているが、もうすぐ勾留期限も切れる。
物証が有るのなら、検察は堂々とそれを説明してほしいものだ。
『都合の良い自白をしてくれないので、再逮捕(又は別件逮捕)ね』ってのは無しで。



あなたにオススメ