(巨人・原辰徳監督)

巨人・原辰徳監督(60)が、ナインによる“SNS禁止令”を予告した。昨年6月に若手ナインの痴態が動画流出し騒動になるなど、SNSでは痛手を負っている巨人だが、指揮官の発言の真意は他にあった。

善かれあしかれSNSでの発言、投稿動画が大きな影響を与えるのは球界も同じだ。

タイプもさまざま。楽しい写真や「つぶやき」を気ままにアップするケースが最も多いが、上原のように“自分の口から直接ファンに伝えたい”との思いから、いち早く自身のニュースを伝えるタイプ。さらに野球のみならず社会問題、世論に真っ向から持論を唱えるカブスのダルビッシュのようなケースもある。最近では阪神から戦力外通告を受けた西岡が、球団の発表を待たずに“フライング公表”して問題になった。

こうした事態を知ってか知らずか、物申したのが原監督だった。「俺ね、有名人たちがSNSとかで自分で話すじゃない? あれダメだと思うね。あれは都合良すぎだよ。有名人ならば堂々といっとかなきゃな」。さらに自軍のSNS使用状況を関係者に確認すると、こう続けたのだ。「ジャイアンツの選手もやっちゃいかんですよね? 言いたいことがあったら俺達(首脳陣)に言えと。あるいは新聞記者に言えと」




チーム内のSNS発信率は上原が突出しているが、積極的に公に発信しているナインはほとんどいない。しかし、あえて指揮官が訴えたのは、「やっぱりメディアの後ろにファンがいる、という結びつけがいちばん大事だと思うけどね」というポリシーがあるからだ。ちなみに自身もホームページを持っていた時期があったが、第2次政権時の2011年の年末をもって閉鎖している。こうした経緯もまた、自身の思いを確たるものとしたのかもしれない。

「例えば(事実無根の)何かに対しての反論だったらまだ分かるよ」と、一定の理解をしながらも「自分から発信するっていうのは、果たして有名人としてファンに対して、メディアの人に対してどうなのかなと思うね。基本的にやるべきじゃないよな」と語る原監督。この“ひと声”が、どうナインに浸透していくのか。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000014-tospoweb-base



ネットの反応まとめ

 

・やらない方が面倒くさい事に巻き込まれる可能性が少ないのは間違いないと思います。
マスコミに捏造されたり歪曲されるのが嫌ならSNSで発信するのも一つです。
ただ、マスコミの後ろにファンがいるというのは全く持って違うと思いますが。

 

・SNSは駆け出しのタレントやアイドルなら名前を売るために必要だけど、アスリートやそれなりの地位を確立した芸能人には必ずしも必要ないと思う。むしろ叩かれるネタになる弊害の方が多い

 

・スポーツ選手にはSNSが必要な面もある。

元々はマスコミが選手の声を報道してファンに伝えていた。
だが余りにも捏造やらあることないこと書かれたために一部の選手はインタビューを厳選するようになり、自分のサイトで意見発信しファンと直接交流する時代が始まった。

 

・言っている事は理解できますが…。
ただ、原氏は過去に金銭問題で監督を辞任していますからね。
それに時代の流れに逆行している事ばかりしているのではと思います。

 

・これは違う感じがするなー
メディアの力は明らかに弱くなって、一人一人が発信・受信できる時代になっている。
今まではメディアに逆らう手段がなく、有名人ですら虚偽の情報を拡散されるとなかなか沈静できなかったわけで、むしろその状態の方が異常だとは思わないのかな?

 

・SNSで自分の事を発信されるのが嫌なら、契約時に球団の発表まで発信させないように念達すれば良いだけじゃないか?フォローして応援してくれてるファンにまず報告したいって思うのも人情だと思うし。もし禁止にするのであれば今後入ってくるルーキーからにするべきだと思う。それか禁止にしなくても徹底した指導をして問題を起こさないように気をつけるしかないと思う。

 

・この問題関係なく、SNS自体に規制を設ける必要はあると思う。

巨人内部においては、そんなにSNSに不満があるなら、球団でSNS監視部署でも作ればいい。不適切なコメントをした選手には、しばらくの間、SNS謹慎とそれなりのペナルティを課せばいい。そうすれば、個人の責任の重大さが分かるのでは?




・たしかに裸動画の件はインスタから流出したけど、そもそもああいう行動してること自体がどうなのか。
SNS禁止は組織としてはわかるんだが、まず品行の指導をするべきと違うか。

 

・監督の意見は商業的な意味合いが多きすぎると思う。
なんでも利権にしがみつかなくてはいけないと言う考え。

時代も流れていくもの。
一つの考えにとらわれず、その時代にあった考えで良いと思う。

SNSで個人が情報を発信することが憲法に違反していないのであれば、やりたい人は自己責任で行えば良いと思う。

 

・SNSが悪いんじゃない。SNSの使い方をちゃんと判断できないのが悪い。メディアを通さなくても自分で意見が発信できるのはメリットだと思うから、生かすことを考えるべきだと思うが。

 

・マスコミが事実を伝えない媒体となった結果、選手本人が直接ファンへ自分の言葉で伝えるようになったと思う。言論の自由を束縛する考えであると思う。発信者の責任を自身で持つ事も選手は考え、球団に迷惑かけることのないようにすべき義務があることも忘れてはならない。

 

・時代の潮流に逆らうのは難しい。SNSでの発信は最早個人の「表現の自由」のレベルだと思う(もちろん機密情報など流したらダメ)。アスリートにとっては自分をブランド化するための道具だとも思うし、引退後も含めて影響力を持つにはSNSは欠かせない。

 

・言ってることは理解できるし、確かに余計なことを言って炎上したりいらないことが明らかになったりすることはあるかもしれない。

でも、SNSじゃないと自分が言いたいことや、真意が伝わらないこともあるのでは?

 

・原さんはSNSを禁止する発言はしてない。

でも原さんは見た目若そうに見えて古いすぎる考えを
お持ちなのだと分かってしまう記事だと思いました。

 

・禁止する必要はない。
今や新聞やテレビ、雑誌だけが
メディアではない。
SNSは(使い方を間違わなければ)
自身の言葉で思いを直接伝えることができる。




・古い体質が染み付いた方のおっしゃるコメントだと思いますが…
そもそもジャイアンツ自体の、選手への教育がきちんとなされてないわけであって
そもそもその辺のルール付け
あるいは教育などをするべきだと思いますが…。

 

・時代錯誤。
禁止するのではなくソーシャルネットを介しての選手とファンとの関係性や、いち社会人としての良識を企業として教育していくべきでは。

 

・良識あるSNS投稿ならいいと思うけど言いたいことを簡単に発信できる分、考えて投稿しないからいろいろ炎上したり不興をかうのかなと思う。
その人の性格による部分も大きいと思うけど、逆に上原選手の投稿のようにうまくいってるのが珍しいとおもう。

 

・SNSはファンと選手の距離を近づけるツールです。マスコミというフィルタを通した選手の声とは、臨場感が全く違うのです。野球離れと言われて久しい昨今、球団は選手の生の声を届けるSNSをどう活用すべきか、真剣に考えるときではないでしょうか。もっと積極的に奨励してもいいくらいです。ファンからすれば贔屓の選手が「今チームメイトと焼肉屋に来ていまーす」という声を聞けるだけでも嬉しいものです。

 

・やらないでいた方が面倒事に発展するリスクが潰せるのは確かだが、
それとは別次元の話で『意見を発信するならメディアを通してすべき』だからSNSを利用すべきではないという原さんの考えには微塵も賛同できない

 

・「問題が発生したからとりあえず禁止にする」ならまだわかる。ただ、「メディアの後ろにファンがいる」というのは時代錯誤としか言えない。

 

・ファンとの親近感を持つ意味で必要なツールだと思うのだが
監督の年齢ではそれも理解できないのも無理はない。
外部の人間が言うことではないけど、今の時代禁止はないと思うな。

 

・女性問題やら金銭問題やらで世間を騒がせた人間の言葉とは思えない。そんな過去があろうが、人には言動についてあれこれ言える神経がないと巨人の監督は務まらないということだろう。そう思うと由伸はすごく爽やかな監督だった。子供に夢を与えるプロ野球の監督としてはどちらが相応しいのだろうか。。

 

・やっててもいいとは思うけど、度が過ぎた発言とか行動をアップすると、すぐに拡散してしまうのがSNSの怖いところ。

結局は、プロとして、発言に影響力があって、ファンやマスコミに見られてるんだと自覚することが大事。

・指導してほしいのは
①発信しても大丈夫な言動を常に行うこと
②発信する善悪の判断基準
③情報リテラシー
メディアの露出が高いスポーツ選手は大衆から聖人君子を求められてしまう…
選手も人間だから大変だと思うけど、多くの人の夢を守ってほしい

 

・ただ一言。
古いんですよね。
メインは誰なのか。
今を生きる、今を戦う選手ですよね。
自分が生きた時代に無かったことを否定する事が正義みたいな風習があるけど。
時代の変化、自身の変化を恐れずに、今を愉しまないと。



あなたにオススメ