昨年大みそかに放送された「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)の平均視聴率は前半(第1部)が37・7%、後半(第2部、後9・00)が41・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが2日、分かった。後半は前年から2・1ポイント上昇し、2016年の40・2%以来2年ぶりに大台に回復。平成最後を締めくくるフィナーレでサザンオールスターズの桑田佳祐(62)と松任谷由実(64)による“奇跡”の共演、シンガー・ソングライター、米津玄師(27)のテレビ初歌唱などが大きな反響を呼んだ。

17年は安室奈美恵さん(41)のラスト紅白など話題は多かったが、後半は39・4%。2部制になった1989年以降、15年の39・2%、04年の39・3%に次ぐ歴代ワースト3位だった。

同局制作局エンターテイメント番組部の二谷裕真部長は「歌唱シーンはいずれも紅白ならではのダイナミックな演出でお楽しみいただけました。松任谷由実さんの『私の好きなユーミンのうた』募集企画で、スタジオ歌唱シーンからNHKホールに突然現れる演出、米津玄師さんの幻想的な世界観を表現した徳島からの中継、北島三郎さんの大復活、サザンオールスターズ35年ぶりのNHKホールでの歌唱など、ひとときも視聴者を離れさせまいと渾身のシーンの連続だったと思います」と“神回”の声もある今回の出来栄えに手応えを示した。

平成最後となった紅白は、レジェンド歌手がそろい踏み。サプライズでNHKホールに登場したユーミンやMISIA(40)、特別出演で5年ぶりの紅白舞台となった北島三郎(82)ら大御所が集結した中、“究極の大トリ”を務めたサザンオールスターズが圧巻のステージを披露。2曲目「勝手にシンドバッド」で紅白全出場者が舞台にそろい、松任谷が桑田にキスする場面でボルテージは最高潮に。平成のフィナーレを飾るにふさわしい豪華メンバーによる夢の共演に、インターネット上では「伝説の神回」の声があふれ返った。

今年最大のヒット曲「Lemon」を歌う米津のテレビ初歌唱も話題となった。

「夢を歌おう」をテーマに掲げて3年目となる今回。総合司会は2年連続で「ウッチャンナンチャン」の内村光良(54)が務め、紅組司会は女優の広瀬すず(20)が初、白組は嵐の櫻井翔(36)が単独初の大役を担った。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000035-spnannex-ent



紅白の歴代平均視聴率(2部制後)

 

1990年 第1部:30.6% 第2部:51.5% 長渕、17分間独占
1991年 第1部:34.9% 第2部:51.5% とんねるず初出場
1992年 第1部:40.2% 第2部:55.2% チェッカーズ解散ステージ
1993年 第1部:42.4% 第2部:50.1% きんさんぎんさんが開会宣言
1994年 第1部:40.1% 第2部:51.5% 吉田拓郎初出場
1995年 第1部:44.9% 第2部:50.4% ダウンタウン競演
1996年 第1部:41.6% 第2部:53.9% 松たか子司会
1997年 第1部:40.2% 第2部:50.7% 中居初司会
1998年 第1部:45.4% 第2部:57.2% 安室奈美恵、涙の復帰 (★安室が平成歴代トップの最高64.9%)
1999年 第1部:45.8% 第2部:50.8% SPEEDラストステージ
2000年 第1部:39.2% 第2部:48.4% 長嶋茂雄、審査員で初出場
2001年 第1部:38.1% 第2部:48.5% ドリフ初出場
2002年 第1部:37.1% 第2部:47.3% 中島みゆき、黒部ダムから熱唱
2003年 第1部:35.5% 第2部:45.9% SMAP、世界に一つだけの花で大トリ
2004年 第1部:30.8% 第2部:39.3% マツケンサンバ
2005年 第1部:35.4% 第2部:42.9% みのもんた司会
2006年 第1部:30.6% 第2部:39.8% DJ OZMAに抗議殺到
2007年 第1部:32.8% 第2部:39.5% 鶴瓶&中居のW男性司会
2008年 第1部:35.7% 第2部:42.1% ミスチル初出場
2009年 第1部:37.1% 第2部:41.7% 矢沢永吉サプライズ出演
2010年 第1部:35.7% 第2部:41.7% 桑田佳祐復帰ステージ
2011年 第1部:35.2% 第2部:41.6% 芦田愛菜&鈴木福、最年少出場
2012年 第1部:33.2% 第2部:44.5% MISIA、ナミブ砂漠で熱唱
2013年 第1部:36.9% 第2部:44.5% サブちゃん紅白勇退
2014年 第1部:35.1% 第2部:42.2% 明菜特別出演 (松田聖子が最高47.5%)
2015年 第1部:34.8% 第2部:39.2% トリがマッチと聖子 (AKBが最高43.4%)
2016年 第1部:35.1% 第2部:40.2% SMAP解散で出場辞退 宇多田初 (嵐が最高43.7%)
2017年 第1部:35.8% 第2部:39.4% 安室の紅白ラスト出場 桑田 (安室が最高48.4%)
※当サイト調べ




ネットの反応まとめ

 

・やっぱり生歌はいい。
プロの歌う歌はいい。
これからはジャンルは問わず、実力者が生歌で勝負して聴いている者を魅了出来るような歌合戦にしてほしいと後半戦を観て思った。

 

・今回の紅白は米津玄師やあいみょん、サザンやユーミン、サブちゃんなどバランスが取れていたと思うがやはり圧巻はラストのサザン。

これだけのメンツをまとめて盛り上げたラストは豪華で圧巻!

いままであまり紅白は見てなかったけどこういったシーンはやはり紅白ならでは。最初で最後の貴重なシーンだった。

 

・久しぶりに紅白が面白いと感じた。ワクワク感がある作りがよかった。いい加減集団でしか出てこれないような芸能人(歌手とは言えない)をメインに持ってくるのはやめたほうがいい。

 

・サザン、ユーミンのコラボは伝説になると思う。
やはり、格が違う。

 

・ラスト良かったと思う。個人的には米津玄師が出演したのは感動した。

 

・昔のNHKとしたら、ちょっと趣向が違うかもしれないけど、
今の、その時の時代の紅白ってことなら、今回の紅白はまさに今の時代の紅白で、最後の盛り上がり方も、まさに今の時代の紅白って感じで素晴らしかったと思います。

ユーミンさんが頑張って盛り上げようとしてくれた心意気に拍手を送りたいです。




・納得の数字。ここ数年の紅白で一番良かった。歌が上手い人の与えるパワーってすごいなと改めて実感。

 

・ユーミン、サザン、米津玄師 これに尽きる。平成最後だからこその、豪華なメンツに感動しました。ユーミンが出てきて、aikoが号泣してるのも良かった! 米津玄師は最初で最後だと思ったので、息を呑んで見てた。圧巻の歌唱力と、彼の持つミステリアスな雰囲気と、最後のテレ笑いのギャップに やられた。とにかく素晴らしい紅白でした。

・今年の紅白、最初は「余興多すぎ…」と思って見てたけど、終わってみたら「録画しときゃ良かった」と思うくらい、過去記憶にないほど楽しかった。

 

・NHKも色々あったけど今年の紅白は素晴らしかった
久々にあんなのを見たような気がする

 

・今回の紅白でまず思い浮かべるのは司会者の出来不出来ではなく
サザンやユーミンをはじめとした出場歌手の人たち。

それは
『主役は出場歌手、司会者はあくまで脇役』
という原則がきっちりと守られた素晴らしい紅白であった証。

 

・口パクはやめよう
ただの音楽番組ならともかく、「歌合戦」でしょ?

 

・30%代と40%代の違いは大きいか。
去年とは大して差はないけどね。
1%増だけでも騒ぐからね。
今年からは口パクなしの生歌アーティストのみ
出せばいいのに。
もちろん生歌でも聞き手にこころに残るような
歌声だけね。

 

・基本的には面白い紅白でした。
内村さんの総合司会も良かったです。
ただ、カメラワークが最悪でしたね…
ステージの全景が見たい場面でのアップや、話しを振った先の表情が見たかったのに映らなかったり、ちょこちょこ不用な場面がカットインしたり…
あと、やたらスタッフが横切る画が多かったですね…
せっかくいい構成だったのに、残念です。
次回は出演者頼りではなく、そのあたりにも力入れてほしいですね。

 

・すずちゃんとかスタッフとか色々言われちゃっているけど、結果的に良かったし、内容も良かったのでは?最初の人選では視聴率期待出来なかったけど、後から大物が出てくれたからな。アーティストの方々も良かったし、司会の3人も良かった。久しぶりに紅白最後まで見ました。それくらい見応えがあった紅白でした。

 

・視聴者が望んでる紅白が最後に凝縮された出た印象
無駄な演出や口パクとか韓流とか色々批判的な意見も目にするけど、そういう層を好む人の声も聞く必要もあるし、事務所の忖度もあるし、歴史ある番組の制作って難しいんだろうなって改めて実感する

 

・広瀬すずの曲紹介のタイミングが悪く途中で何度も切られたりしたけど、総合的にかなり良かった。

うっちゃんが総合司会でコミカル感が出るけど、堅苦しい総合司会より断然今の時代に合っている。

 

・昨年の年末はガキ使中心にみるはずだったのに気がついたら紅白に釘付けだった。

 

・裏番組にも強力なのがそろってたのに、視聴率41・5%はさすが紅白だね。

・紅白の底力を見た気がする楽しい時間だった!

サザンやユーミンや米津さんもだけど、前回のウッチャンの奮闘ぶりが今回の視聴にもつながったと思う。





 

・歴史を感じつつ新しさもみられた、NHK頑張ったなーと、偉そうに言えば、やればできるじゃん!、と楽しめました。世の中色々あったけれど平成はいい時代だったのだと振り返ることができた大晦日になりました。

 

・今回の紅白は「平成の最後だった」とは言え、久々に見ごたえのある企画が多くて感動しました。
2018年の漢字が「災」である通り、年越しを手放しで喜べない方々への配慮からか「被災地からの生中継」があり、少しだけ襟をただす想いでテレビに見いったものでした。
新しい時代になっても未来永劫、紅白歌合戦は大晦日のテッパン番組として続けてほしいとNHKに期待します。

 

・なんか久々にテレビの前で歌に聞き入る、わくわくしながら観る時間を過ごした気がする。
昔は当たり前だったこのテレビに観入ると言う喜びを思い出した。

 

・ユーミン&サザンの夢の紅白歌合戦を見れて幸せでした。
NHKさんありがとうございました。

 

・久しぶりに最初から最後までほぼ全部みました。
制作に携わった方々は、色々と創意工夫されたんでしょうね。面白かったです。年末にとても豪華なものをみれました。楽しい時間をありがとうございました。

 

・何年ぶりだろう最初から最後まで紅白みたよ
とても良かった
大御所達が声に無理があったのは年齢考えると若い頃の歌をそのまま歌えるはずもなく仕方ないしそれを差し引いても豪華な雰囲気が出て良かったと思うよ



あなたにオススメ