※画像はイメージです。

東京医科大が29日に公表した不正入試をめぐる第三者委員会の最終報告では、同大の推薦入試で、小論文の問題が特定の受験生に漏洩(ろうえい)していた疑いがあることも明らかになった。平成25~28年度の入試で合格ラインに達していた計127人が不合格となっていたことも判明。すでに判明している今年と昨年の分も含め、不正により不合格となった受験生は計228人に上ることとなった。




最終報告によると、第三者委が東京医科大の平成25~30年度入試を調査していたところ、推薦入試を受けた受験生が試験前、通っていた予備校の講師や友人に「試験問題が手に入った」などと話していたことが分かり、その受験生の成績を確認したところ、小論文で1位の成績だったという。

東京医科大の担当者らは第三者委のヒアリングに対し、漏洩の事実を否定したが、第三者委では「問題漏洩が行われたのではないかとの合理的な疑いの余地を残す」と指摘。ただし、確認するには長時間を要するため、最終報告で疑いの事実を示すだけにとどめたとしている。

このほか報告書では、25~28年度入試で、女子や浪人生を不利にする得点調整などが行われ、一般入試とセンター利用入試で109人、推薦入試で18人が当時の合格ラインを上回りながら不合格になったことも明らかにした。今年と昨年の入試でも計101人が不正で不合格となっており、東京医科大ではこれらの受験生への補償について、個別の事情を聴いた上で判断するという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000502-san-life



ネットの反応まとめ

 

・この大学は膿を出し切るまで学生の募集を中止すべき
あと、国から出てる補助金も打ち切るべき

・落とされた人にとっては詐欺でしかない
この時に落とされた人は女子・多重浪人として翌年以降も不利な扱いを受け
医師になれる年齢もその分遅れるし
そして受験代・予備校の費用は落とされた人が負担をする

人生の時間を返してくれとしか言いようがない

 

・東京医大を含め、全国の医大と医学部医学科の入学試験は、今回の事態が明るみになったことを契機に、全面的に見直される時期に来ているように思う。

 

・本来合格したはずの受験生に真摯に対応し、多額の借り入れをしてでもしっかり補償すべきでしょ。

 

・不正での合格者が不合格者より優先されるのはおかしい
不正での不合格者と合格者を正規の基準て再評価した順の上位から枠一杯までを改めて合格とし、残り(不正合格者の下位)とはカネで片をつければいいと思います
不正での合格者をどうしても救済するなら、国家試験の競争率への影響が大きくならないよう6年くらいに分けて、入学金や授業料を取らない追加合格枠でも作ればいい

 

・大学受験の合否は、人生に大きな影響を与えます。結果、どちらが幸せだったかは誰にもわかりませんがね。

受験のルールについては、私大なら好きに決めてやって良いとは思います。
でも、提示しているルールと違うことを実際やっていたっていうのはマズイと思います。

 

・本当に酷いね。
まずは一度完全に膿を出すべき。
まだ何かあるよね?




・問題漏洩は完全にアウトでしょう。
これはどんな言い訳も通用しない。
問題を入手したことが相当な確率で高い学生は即刻退学処分にすべき。
今後は大学入試の合否判定に第3者を入れるような仕組みや(もちろん天下りや利害がからむ者は×)、小論文などの点数を裁量で決められてしまうようなものは外部委託を導入すべき。

 

・大学とはもはや言えない。
解散すべき。

 

・今年医学部を受験する予定ですがケチのつけられない圧倒的学力で合格しようと思います

 

・東京医大出身の医師は気の毒。
立派な医者になっていても、入試時に何か,あったのではないかと詮索を受け、変な噂も流れるかもしれない。患者側も、大丈夫かなと不安に思う人も出てくる。
卒業生からも声を上げ、今後、この様な事が起こさない為、真相を追及し真実を語らせるべきだ。

 

・こういう記事の印象で申し訳ないけど、

卒業生の医師が市民に分かるようにして欲しい。(一覧リストをウェブで公開など。)

問題が解決するまで、卒業医師は休職をするなど、して欲しい。

不正を働いて医師になった方が、今日もどこかで医療に従事しているというのが不安。

医療は人命に関わるのだから、安心、安全、誠実にあって欲しい。

 

・ひとくくりにしたら迷惑な学校もあるのかもしれないが、今の私大の医学部に若者を指導・教育する権利があるのだろうか?
文科省は厳正に対処してほしい
募集停止など生ぬるい 医学部の、ひいては大学の認可取り消しが妥当ではないのか?
不正入試が発覚した大学には、もっと前からそう対処していればこんな事態を招くことはなかっただろうに。

 

・不正で受かった人間も、裏口の申し込みなど本人サイドにも悪性が認められる場合は入学取り消しにしないと。
裏口が人の命を預かるのはダメ。
まあ、よその大学もそうだと言えばそうかも知れないが、ここまで明らかになったなら、放置はできません

 

・小論文ほど、事前に問題がわかっている人と、わかってない人の点数の開きが出るものはない。

 

・まともに試験を受けたが不合格になった受験生は人生が変わってしまった。5年前の事案ならば、医師国家試験に受かってお医者さんになってたかもしれん。真面目な学生が損をして生き方が変わってしまった。補償ってどんな補償?こんな試験ならしない方が良い。学校も閉鎖すればいい。

 

・当然来年の入試は中止ですよね。こんな大学に税金を使う必要なし。関与したと思われる政治家も徹底的に調べるべき。去年、一昨年だけではないはず。不正で合格した人を、過去に遡って調査すべき。




・東京医科大学には年21億円もの補助金が支払われている。700人しかいない生徒に21億円。つまり、一人当たり300万×6年間で1800万円もの国費が支出されている。医師となるべき素質のないものに1800万。補助金は即刻停止すべき。

 

・合格していたはずの受験生の人生を変えてしまったかもしれないことへの責任は重い。理事と入試に関わる者は総辞職して息のかかってない人達と入れ替えしないとダメ。

 

・問題漏えいはこれまでの問題とは訳が違うと思いますがね

 

・問題が漏洩してたとなると、漏らした関係者を厳しく処分してもらわねばならない。

 

・正当に合格した生徒のほうが少ないんじゃない?
寄付金は大昔から日常茶飯事!そのお金は何処の財布に入ったの?!

 

・氷山の一角かもしれないから、他の医科大学も第三者が調査する必要があると思う。

 

・小論文1位って、出題者のだした模範解答を入手しないと難しいですし、それを否定できないってことは問題の出題者がその受験生となんらかの関係性があって漏洩した可能性が高いって言ってるも同じですよね。

 

・このまでくるともう調査とかの問題じゃない気がする
だいぶ昔の早稲田大学商学部の事件と似てきてる
漏えいも事実なら刑事事件でも捜査するべき

 

・医学部ばかり不正がありますね。普通の人は確かにあまり受験しませんけどね。
これを機に医学部の受験のあり方も考えるべきなのかもしれませんね。

 

・大変なことになってきた。男女の不平等なら募集要項に予め記載するなどのことが考えられないわけではないが、問題の漏洩や議員の圧力は、完全な不正だ。



あなたにオススメ