今月16日、札幌市豊平区で起きた爆発事故。爆風の衝撃で建物の外にあったプロパンガスのボンベからガスが漏れ出していたことがわかりました。
20日、警察は爆発事故によるけが人の数は52人に上ると発表しました。この爆発事故は不動産仲介会社の店長らが消臭スプレー缶を処分するため、室内でおよそ120本のガス抜きをしていたことが原因とみられています。建物の外には、プロパンガスのボンベが9本あり、いずれもボンベ自体は破損していませんでしたが、その後の現場検証などで、ボンベと室内をつなぐ配管が一部外れるなどして、ガスが漏れた形跡があったことがわかりました。警察や消防は、爆風の衝撃でガスが漏れ、建物が一気に炎上したとみて調べています。また警察は不動産仲介会社の店長について、重過失傷害などの容疑を視野に捜査する方針です。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000001-htbv-hok



ネットの反応まとめ

 

・状況がわかるにつれて死亡した人がいなかったことが奇跡に近いと思います。事故を起こした責任はしっかりと最後までとってもらいましょう。

 

・原価1000円前後の消臭スプレーを
入居者に1万〜2万で購入させ
さらにはそれを使用していなかった。
神様は会社に爆発の罰を与えた事件。

 

・被害総額が10億円にもなるようですが、しっかりと補償してもらいたいものです。

ごまかしたボンベの処理で爆発炎上
ごまかしたつけがこれとは、自業自得だね。

 

・この会社、どこまで責任持つんだろう。
記者会見を見る限り、まだまだ逃げ道を模索しているようにしか思えないんだけど。

 

・ガススプレー缶の廃棄の方法が問題ではなかった

連続噴射、120本同時噴射で爆発。
それ以前の問題でした。

責任は免れないでしょう、
回りの方の保証しっかりお願いいたします

 

・配管からガス漏れしてたようだけど、
もしガスボンベまで誘爆してたらと思うとぞっとするよ

死者が出なくても十分大事故
スプレー缶をため込んだ経緯と背景をはっきりしてほしいね




・重過失かぁ。普通の火災と違って、周りの建物への賠償責任が生じるね。大変だ。

 

・不動産屋が不動産を破壊するとは本末転倒である。

 

・可燃性ガスの爆発が、プロパンガスによる爆発の危険まで呼び込むとはねぇ……。

しかし、これだけの被害を出しながら、死人が出なかった事が、本当に奇跡だと思えてならないね。

 

・あれだけの災害を起こして親会社のAPAMANの公式ページも更新が全くなし。
北海道のアパマン社長も、まるで他人事の様な会見だったし・・・
今後の賠償保障もかなり難航すると思うな。
もしかしたら、今回の事故を理由に計画倒産して賠償をうやむやにするかも。

 

・当事者はなぜ名前がでないのか
現れて釈明をしないのか。
ごめんなさいでは済まされないくらいの被害。
逮捕されないのが不思議だね。

 

・ホンッッマに怖い…。可燃物の取り扱いは充分気をつけないと!

 

・いつも思うのだが、小中高と理科や物理、化学を学んで理解していれば今回のような事は起こさないであろう。
ダンスを必修にする暇があったら、理科教育を充実させた方が良い。

 

・この時期に居酒屋破壊したら、売り上げの補償金だけでも大変な事になるね。
もし従業員が会社の決まりを無視して独断でやってたなら賠償も従業員が支払う事になるかもね。

 

・ぼったくり消臭スプレー1万円
悪徳不動産屋が招いた因果応報。
賠償しろよ。



あなたにオススメ