札幌市消防局は17日、不動産仲介会社や飲食店が入る建物に防火管理者が選任されていなかったり、消防計画が作成されていなかったりなどの多くの不備があったことを明らかにした。

消防局によると、爆発・倒壊した木造モルタル2階建ての建物の所有者と三つのテナントにはそれぞれ、防火管理者を置く義務があったが、いずれも選任されておらず、消防計画も作成されていなかった。漏電火災報知機や避難器具も設置されていなかった。

これらは消防法などで建物所有者やテナントに義務づけられているもので、消防局は2016年6月から今年10月まで、立ち入り検査や文書で計12回にわたり指導をしてきた。指導の都度、4者とも改善の意向を文書などで示したものの、結局実行されないまま、爆発炎上となってしまったという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000074-asahi-soci



ネットの反応まとめ

 

・アパマンショップは、いつ謝罪会見するのかな。

 

・札幌市は過去にも生活保護向けの住宅火災やグループホーム火災で多くの死者を出している。その都度防火対策不備をあげているけど一向に改善していない。

 

・1、2回の指導で改善されないのならテナントも業務停止にしてほしい。
12回も指導を受け改善されていないなどと、客は調べようもないではないか。国は起こるべき事故だったことを重く考え法の強化をお願いしたい。

 

・12回指導受け手も改善無しで今まで事故が起きなかったのが奇跡だったのかも

 

・100缶一気にガス抜きしてると言う時点で、こう言う記事の問題以前の話なんだろう

 

・つまり、起きるべくして起こった事故と。
今回起こらなかったとしても、いずれ何らかの形で同様の事故は起こりえたという事だね。
リスクを軽視して、少しの手間やコストを惜しむと、いずれ数十倍数百倍の損失となってかえってくる。
危険は当たり前で事故は起こるものと、そういう認識に立って、物事を考えてもらいたいと思う

 

・警察は事故でなく事件化を目指しているようだ。120本は異常だし規模が大きい爆発も要因?案外会社にメスがはいるかもね??

 

・本当にスプレー缶のガスだけで、あれほど大きな爆発が起きるの
だろうか。
それほどのガス量なら、臭いもあったり、異常に気付くはずなん
だけど・・・
もう少し原因があるんじゃないかな。

 

・これって、消防計画の問題?
それ以前の問題でしょう。

 

・施設の不備で避難の経路がなく、たまたま床が抜けたことで助かったというのは確かにその通りです。しかし、そもそもの問題は120本ものスプレー缶を屋内で噴射したらどうなるか、という想像力と一般常識の欠如にこそあります

 

・居酒屋も隣で100本もガス抜きしてるとは思わなかったろうな・・・
そもそも札幌はスプレーのガス抜きしなくていいんだけどね。

 

・当初は100%隣の居酒屋が火元だろうと誰もが確信していたはずだが
予想外の展開で驚いいた。常態化したズサンな企業体質の一端が見えた気がする。粉々に破壊された居酒屋が気の毒。アパマンショップのコメントがさっぱり聞こえてこないが対応が遅れれば遅れる程世間の厳しい批判を浴びる事になるだろう。




・今回のケースは消防設備の不備が直接の因果関係がないとしても、アパートやマンションを取り扱う以上よりそういうところに目を配らなければいけないのに不動産会社のオフィスがそれでは…。
部屋を借りたりマンションを買ったりしたりする方は、部屋も大事だけど共用部分の消火器や火災感知器、火災受信機などもちゃんとチェックしないといけないね。

 

・行政指導12回?おそらく一年以上もの間の事でしょうね。その上でこの結果ですから法律として規制するのが筋でしょう。今後の為にも損害賠償を現在の法に基づき請求をした方が良いのではないでしょうか

 

・指導したところで、改善されなければ意味がないと思うのですが。指導に従わない側にも、指導した側にも問題があると言える

 

・アパマンは、消臭缶を意図的に処分していた話は昔から有名だね。
クリーニングしたように見せかけてしてないまま契約とか。
わかる人はわかりますから笑笑

特に不動産業の間では評判かなり悪し

 

・不備があっても勧告だけでそれ以上何もしない。
そういうことは今回だけでなく多数あるはず。
行政が悪いというのではなく、勧告された側の意識にも問題がある。
家庭でも漏電やトラッキング。
罰則をもっと強化しないと意識が高まらないのではないか。

 

・違反を指導しても改善する場合は一回で改善するでしょう。12回も指導してもやらないなんて13回目でもやりませんよ。もっと強制力を持たせたら逮捕したりしないと無理かも知れない。

 

・起こるべくして起きた事故と言わざるを得ない

 

・数ヶ月から一年したら営業停止処分、または消防計画不備公表とか厳しい処分あったほうがよくないか。
何も処分がないから放置知らんぷりなのだろう。
利用する側もちゃんとしたところを利用するようになるだろうし。

 

・今回のケースは消防計画を適正に作成しようが、消防署の指導に従おうが、防ぎようのない事案。
でも、その前に、日用品のトリセツをちゃんと読んでいれば何も起こらなかったはず。
ビルを非難するのには違和感を覚えます。

 

・消防計画の不備という以前の話かも。
室内でガス抜きって。

 

・今回の場合は消防の言うとおりにしていたとしても防ぎようがないけどな



Twitterの反応まとめ








あなたにオススメ