タレントの今田耕司(52)が15日放送の読売テレビ「特盛!よしもと」で、元貴乃花親方の長男で靴職人、タレントの花田優一(23)に苦言を呈した。

花田は今田が司会を務める日本テレビ系「アナザースカイ」に2017年3月と18年8月の2回、出演。また、父の元貴乃花親方は今年10月、テレビ番組で「テレビに出てる場合じゃないだろ」と花田のタレント活動に苦言を呈し、「全くいい気はしない」と不快感を表明。「20年、30年修行しないと」と、靴職人としての本分を諭している。

今田は「しごくまっとうな。職人の道を選んだんですから」、「俺も断然お父さん派やわ~」と、元貴乃花親方の言い分を支持。

「『アナザースカイ』で2回もやったんやから。頼むで!頼むで!こっちは応援…フィレンツェ行って師匠も来てやな、これから靴作る言うて、頑張ってほしいな思ってたら、何タレントしてんねん。びっくりしたわ」と、番組で靴職人・花田優一を応援した立場から苦言を呈した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00000057-dal-ent



ネットの反応まとめ

 

・せっかく3年修行しても、手を使い頭を使い靴作りを続けていなかったら、手も頭も錆びてきて靴作りを段々忘れて体が動かなくなってしまうと思う。

靴職人語っているだけで、本当はもう挫絶してしまって作ってないのかも知れない…。

 

・地味に靴を作るよりタレントやってるほうが楽して、
儲けられるのでしょう

 

・番組観ましたが同感!

 

・確かに、有名人の二世タレントととして、テレビで活躍出来ると思ったのでしょう。中途半端に靴職人を辞めては、視聴者の支持はえずらい。

 

・靴職人じゃなくて、靴を作れる人。

これが正しいと思う!

 

・手っ取り早く稼げるし、その美味しさを母親がよく知っているからでしょ。・親が親なら子も子だということ。

 

・タレントも駄目。
靴も駄目。

何をやっても中途半端はもっと駄目。

 

・激しく同意いたします。

 

・今田さん。
アナザースカイの時はベタ褒めしてたのに、、、

 

・職人がタレントしたら終わり。

 

・母も息子もパリピな性格なんだよね

だから華やかな目立つことがすきなんだなあ



・今田のコメントに賛同ですな。

 

・自分からは職人とは言わない。
周りから認められて初めて職人と言われると思う。

 

・すべて親父さんありきだということをまずは自覚すべきだ。何一つ成し遂げていないよ。

 

・先ず靴職人と言う呼び方に疑問に思う。他の職人さんに悪いですよ。

 

・靴の評判悪いぞ。
本職を全うにやれ。

 

・納期を守れず、依頼品が作れない人間に誰が高い金を払って頼むのかって話。

現状、自称靴職人は終わってる。

 

・靴職人としてテレビにでだしたとき、違和感あったけどな。テレビに呼んだ方も呼んだ方だよ。

 

・むしろ最初から潔くタレントになってたほうがまだ良かった?
ま、どのみち大成はしていなかっただろうな。

 

・今田はずる賢いから、世論に合わせただけだろ。

 

・職人ではないでしょ。作り方を知ってるだけ

 

・そもそも「職人」じゃないんですよ。
魂が。

 

・靴作りも、タレント仕事も
途中で投げ出すと、思います。
人間性に問題ありかと…

 

・親が有名人だから周りもチヤホヤしてくれるし、靴職人の修行より楽して稼げるしね。
テレビ局も景子さんから売り込まれても、番組なんか出さなきゃいいのに。

 

・好きなことをさせたいと親は思うが甘やかす結果に繋がるのかもしれないなぁ

 

・貴乃花が靴職人一筋で行け、と言ったのに対し奥さんが事務所紹介してタレント活動させたんだよね。貴乃花の言う事が正しかったな。

 

・職人にそんな簡単になれる訳がない。しっかり修行して、立派な靴職人になって下さい。



あなたにオススメ