LINE Payは12月14日、決済サービス「LINE Pay」において、12月分の「Payトク」キャンペーンを開始した。12月31日まで全ユーザーの決済(一部を除く)を20%還元とし、還元上限額も5000円相当(決済金額ベースで2万5000円まで)に引き上げる。

【Payトク対象外加盟店の例】

対象の決済・対象外の決済
Payトクの対象となる支払いは以下の通り。

・コード支払い
・オンライン支払い
・請求書払い(税金を除く)

具体的な対象店舗はキャンペーンサイトで確認できる。

一方、Payトクの対象外となる支払いもある。以下のいずれかに当てはまる場合、対象店舗での支払いであってもPayトクによる還元を受けられない。

・LINE Payカード(JCBプリペイドカード)を使った支払い
・LINE Payに登録したクレジットカードを使った支払い
・Google Pay(QUICPay+)を使った支払い
・対象外製品(酒、たばこ、書籍など)の支払い
・税金の請求書払い
・一部の加盟店における支払い(対象外加盟店の一部はキャンペーンサイトから確認可)

還元率・上限額について
12月のPayトクキャンペーンでは全ユーザーを対象に利用金額の20%を還元する。1ユーザー(アカウント)あたりの還元上限は5000円相当(利用額ベースで2万5000円)となる。「マイカラー」や「コード支払いで+3%キャンペーン」といった既存のプログラム・キャンペーンとの併用も可能だ。

なお、このキャンペーンでは期間いっぱいまで還元が行われることが強調されている。還元額に上限のあった「PayPay」のキャンペーンに対抗したものと思われる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000090-zdn_m-sci



ネットの反応まとめ

 

・ペイペイもそうだが、企業からむさぼりつくすやり方かぁ。

消費増税のキャッシュレス決済で5%還元の時に覇権を握った者が勝ちを見越して、今から勝負をかけているようだが、そもそも5%還元しない予感がする。

まぁ、すぐに落ちるけど。今の日本はそこまで元気ではない。

 

・Paypayは早くも登録クレジットカードの不正利用が疑われています。LINEも以前アカウントを乗っ取られた経験があり、信頼性が今ひとつなのに大々的なキャンペーンを張って一挙に大金を稼ごうとする方針にはいささか疑問を感じます。

 

・上限5,000円じゃインパクト不足やな。

 

・うーん、ラインにカード情報とか登録するのは怖い… 日本企業ならまだ安心だけども、、

 

・最大5000円。

 

・自分は使ってるけどラインペイは日常少額払いがメインだからなー。まあ後発のペイペイが市場を盛り上げてくれたおかげでサービス戦争が起きている。
またペイペイにも期待したいね。

 

・ついに日本にも本格的にキャッシュレス、モバイル決済の時代がやってきた!

でも、様々な課題があるので運営者には対策をしっかりとして欲しいですね。

 

・こうして互換性のない
規格の乱立が進む
電子マネーが流行った時もそうだった

 

・中国人や転売屋がいい思いする割合が多いんだからこういうサービスはもうしなくていいよ

 

・丁度paypayが終わったタイミングて始めるとはね。
この市場をどちらが獲るか楽しみだね。

 

・天災多い日本で 被災した時に 現金無ければ
おにぎり一個買えない。
それと 店側が支払う手数料が 海外に比べて
高すぎるのが、気に入らない。

 

・魅力を感じない。余りにペイペイが凄すぎて…。でも恩恵受けなかったけど…。笑

 

・ふむふむ
ペイペイはキャッシュバック目当ての少数しか登録されなかったようだし
どうなるかね
この程度じゃ面倒くささが勝ちそうなライン




・現金が一番。震災の多い日本でキャッシュレスをメインにするのは危険だわ。あと、こんな無駄な企画にあおられて、必要のない無駄な買い物して、結局得とも言い切れんしね。

 

・消費者は、競争激化はありがたい。でもどこが勝ち残るのか。

 

・PayPayの後追いみたいな感じなのに、劣化サービスではなぁ〜と思う・・・。

 

・後出しジャンケン感あってセコい気もするけど、日本人にとってLINEは日常的に使ってるサービスだから、上手くマーケティングできれば普及しそう。
で、しばらくしたら楽天がさらに後出しで乗っかってきそうな気がする。

 

・paypayの直後に始めたことも、

上限が5000円なのも、

期間が半月だけなのも、

セッコイやり方だなぁ…と。

 

・ペイペイが終わったのでちょうどいいタイミング

 

・使える場所は少ないけどこっちの方が還元分の使い道に困らないから楽だわ。

 

・還元20%ね…
後発でインパクト無さ過ぎ

 

・ペイペイのキャンペーンが不発に終わったから、チャンスやね〜

 

・paypayと違ってクレジットカードと紐付けなく、10代20代も多く使うので限度額も低いね。

 

・上限5,000円て、、



あなたにオススメ