来年1月10日からスタートするドラマ「ちょうどいいブスのススメ」(日本テレビ系)。主演を夏菜(29)が務めると発表されてにぎわっているが、いっぽうでタイトルや趣旨に早速非難が殺到している。

 

お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイ(36)によるエッセイをもとにした同ドラマ。各メディアによると、仕事も恋愛もスマートにこなす“ちょうどいいブス”を目指し奮闘する女性たちのコメディだという。

 

公式ホームページによると、ドラマには3名の女性が登場。「共通しているのは、全員が何かしらの生きづらさを抱えていること。つまり『現在、イケてない女子』であること」といった文言や「いい恋愛をし、ライフスタイルを向上させ、幸せをググっと手繰り寄せる」「モテない美人よりモテるブス!」といった台詞が並んでいる。

 

だが、Twitterでは「ちょうどいいブス」という表現に苦言の嵐だ。

《ちょうどいいブスなんて情け無い言葉が出てくる場所で好かれるよう努力するより、別の場所に行って「あなたは本当に素晴らしい」って言ってくれる人を見つけた方が絶対にいいよ》
《「ちょうどいいブス」じゃなく「I feel pretty」っていう精神を手に入れたいし、そっちの方が健やかじゃん。誰にとっての「ちょうどよさ」なんだよって話ですよ》
《女児母から言わせてもらうと「ちょうどいいブス」も「ブス」もいないです。みんな誰かの可愛い娘です。どんなに言葉優しく巧みであっても他人の美醜を形容し表明するのは礼儀知らずですよ》

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00010020-jisin-ent



ネットの反応まとめ

・何でも批判する心の狭い人が多いんやなぁ
・女性が自分をちょうどいいブスと自称するのならばいいけど
こういうのって出回っちゃうと周りが
あいつちょうどいいブスだよな
って笑い者にすることになるからね。
・夏菜とメアリージュンを起用して
ブスはないわ(笑)
そこだけですでにタイトルと内容に
矛盾を・おかしいと感じる。
・自分をちょうどいいブスって言える人はそこそこ綺麗な人だと思う。本当のブスはそんなこと言えない。
・テレビの世界では女性芸人に当たり前に「ブス」と言うが、これが例えば学校教育の場であれば確実にイジメ問題だし、言われる側は傷付く。ブス=面白いの構図は間違っていると思う。メディアにはそう発信してもらいたいがメディア自身が面白がってるのが非難されてるのでは。

・自分は、このタイトルすこし傷付くことがあるかもしれない。ちょうどいいブスもやばいブスも、周りからしたらブスはブスって思ってませんか?顔じゃないと思う人のほうが少ない気がします。
それにちょうどいいブスが浸透したらちょうどいい女、軽くいじるのにちょうどいいとかに脳内変換されそうで、また色々言われるんだって思ったら辛い。
ブスと言われて笑っていられるのは空気読んでるからです。泣いたらブスの癖にって後から言われてシラケるって言われるから。言われた本気で笑ってる人はいないです。

響かないとは思いますが、これが現実ですね。

・本人が主演するならともかく主演女優が普通に美人だし…そこが嫌みに感じてしまう女性は多いと思います。
・これを大丈夫と言ってる人は大丈夫か?
欧米なら完全にアウト。
本なら買いたい人だけの問題だが、公共放送は判断能力の低い若年層も観る。蔑視表現をススメる必要があるのか?
・「ちょうどいいブス」じゃなくて「ちょうどいい可愛さ」とかにした方が良かったんじゃない?
同じ内容でも批判少なそう。
芸人のネタとしては良いけどドラマとなるとね。
私もちょうどいいブスなんていないと思う。少なくとも私は他人にちょうどいいブスなんて言わない。
・ちょうどいいブスっていうのは
自分がそう思って生きていく世渡り術であって
周りが『ちょうどいいブスだね』とは言ったらダメだと思う
日本は周りが『ちょうどいいブスだね』って言いそうな人が多い



・自虐的に言うのはいいと思うけど、他人に言われるのは
みんな傷つくし、心の傷はなかなか消えない

ドラマとしては面白そうだけど、批判的な意見が出るのもわかる気がする

・番組的にいいかもしれないけど、ドラマとか現実社会に浸透しやすいんだよね。
ドラマとかは一般に浸透しやすいから。
ブスとかデブとかチビとか、使わない方がいいのかも。ドラマとかは現実からかけ離れてるから。
・何にちょうどいいのかが問題
美人は手が届かないから手っ取り早くやるならこれくらいのブスがちょうどいいってことだよね
男性基準であることは間違いないね
嫌悪感を感じる
・こういった題材が流行り、リアルな世界で
標的にされて傷つく人もいます。
ネタやキャラに出来る人ばかりではない。
実際はね。
・ちょうどいいブスとは、許容範囲内の、俺でも手に入りそうな女子という意味かな。かわいすぎると手に入らないし、手に入ってもいつ振られるか落ち着かない。男が言うならわかるが、女子がいうのは媚びすぎ。
・誉め言葉でないのは一目瞭然。
自分の精神的スタンスとして心の内に
持っておく類いの言葉だと思う。
面と向かって言われたら、相手を
大変傷つけるのでタイトルだけは
変えた方が良かったのでは。
・ドラマとしてわざわざ描かなくてもいいのにとは思う。ちょうどいいブスって普通に悪口やし。
・ブスとかデブとかハゲとか人を卑下するような言葉は今時期使うのにもっとセンシティブになるべきだと思う。タイトル他に考えられなかったのかな。映画とか原題と全然ちがうのに変えるのよくあるじゃん…
・女性に、ちょうどいいブスって言うのは
男性に、ちょうどいいチビって言ってるのと同等かな。
・ブスにちょうどいいとかないと思う
・なんでもかんでも批判するな
ケイちゃんのいうちょうどいいブスに悪意はない
ネタ的に見られんものかね
・批判は当然だと思う。何でもかんでも批判してるわけではないと思う。こういう他人目線のタイトルは例え話が良くても、言葉が一人歩きして、ちょうどいいブスと言われる人が続出して不快な思いをする人もいると思う。特に学校なんかで流行ると最悪です。会社もだけど。個人的にはもうこのタイトルだけで不快だし、観ないだけなんだけどね。誰もかれもちょうどいいブスとか言い出したら嫌だなー。ファッションチェックでもあるよね。チョイおブスとか。赤の他人に言われたくないだろう。
・ちょうどいいブス」って表現は男性目線を意識した女性の自虐視点っていう解釈は出来なくもないので、男性だとピンと来ないかもしれないけど女性からしたらあまり気持ちのいい表現ではないのかもしれない。言われてみれば確かになと考えさせられる微妙で曖昧な解釈と理解が求められる問題だと思った。



あなたにオススメ