北里大は10日、医学部一般入試の繰り上げ合格で補欠者に連絡する際、男子や現役生、1浪生を優先する不適切な取り扱いをしていたと発表した。文部科学省から4日付で指摘を受けた。

 

大学によると、2018年度入試の繰り上げ合格で、成績順ではなく、男子らに優先的に電話連絡していた。文科省の指摘は男子の入学辞退が多かった18年度入試だけで「辞退者の埋め合わせのためだった。男女や現役、浪人の比率を決めて合格を出しているわけではない」と説明している。

 

北里大は外部の教育専門家や弁護士で構成する第三者委員会を設置し、詳しい調査や不合格とした受験生らへの対応を検討する。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000080-kyodonews-soci



ネットの反応まとめ

 

・同様問題が続いている中、「医者不足改善のため仕方がなかった」という意見も見ますが、本当にそうであれば「国全体の問題を、私立大学が不正を働いても独自に解決しようとしてきた」ということになります。

申し訳ないですが、そんなことは信じられません。

 

・募集要項にしっかりと、細かく定員割合を明記すべきかと思う。その上で、平等に入学試験をすべきである。入学試験終了後の水面下での操作は、さすがにフェアではない。これがまかり通るなら、何のための入学試験か分からないと思う。

 

・男の方が仕事に向いてるならもう割り切るべきだと思う。もしくは女性の枠の数を明言しておく等受験前に不公平がなければあとは本人達次第だと思う。

 

・男女差別は良くない。それは解る。
だけど、地方の田舎に勤務してくれたり、夜間の緊急手術に来てくれたりするのはほとんど男性医師だと聞きます。
その現状で男性医師を減らして女性医師を増やしたら、地方や夜間の医師不足はもっと酷くなると思うのですが。

 

・今年の北里大医学部の入学者は男子59人、女子60人とデータで出ている。これで女子差別してたってのはすごいな。

 

・医者は国の補助金も大きいから、働く時間が出来るだけ長い人(若い)を取るのは当たり前だと思うけれどね

 

・今更感がハンパない。受験生はみんな知っている話。平等ではない入試。
それを承知でみんな受けてるし、情報を得るのも入試のひとつ。

 

・社会に出てから男性と女性のどっちが重宝されるかで合格者が変わるのは、仕方ないんじゃないか。
逆に女性の方が重宝される職場だと、女子の方が優先されるってこともあるんじゃないのか。

 

・医者は体力勝負みたいなとこがあると思うので男性が優遇されても仕方ないのかなと思うけど、医者を目指す女の子は可哀想ですね。

 

・そんなに入学者を大学側で「選びたい」なら、最初から男性のみ、現役生のみと謳って募集すりゃいいじゃないか。

 

・いちいちこんなことを騒いでいたら、外科医はいなくなってしまう。
夜勤にしても外科医にしても圧倒的女性が少ないのだから…あまり騒ぎたてるのは誰の得にもならない。




・大学入試に不正があったとしても、最終的には国家試験があるから、不正入学しても医者になることは難しいですよ。

 

・最初に取り上げられた東京医科大はやたらと叩かれたけど、
基本どこでもあるのね。

 

・西川先生の意見を聞いてからは男子優先は仕方ないのかなと思った。
女性医師が多くなって、皮膚科医だらけになって困るのは我々なんだし。

 

・まるで北里大が東京医大のような女子差別をしていたような印象をうけますが、
むしろ、女子医大を除き、女子学生数が男子学生数を上回っている唯一の大学が北里大学だったりします。

そう考えると、他の私大医学部は・・・・。

 

・この問題は付属病院へ何科として配属・希望となるかという出口考えないとらち明かないのでは?

 

・なんか女性差別をなくそうというのはわかるんだけど、やっぱり職業それぞれバランスや適性があると思う。

 

・女医タレントが言っていたな
女医を増やすと皮膚科と眼科だらけになってしまうと

 

・そもそもなんで男子が優先されるか考えてみたら?
女性は卒業しても医者にならない。医者になってもすぐやめる等、理由があるのでは?

 

・均等に採用したら、眼科医が溢れて均等が取れなくなるからでしょ。
性差の問題。

 

・またですか。
こうなるとどこの大学とか限らず、そういう風潮なのかなと思ってしまう。

 

・「全然知りませんでした~泣」って発言している受験生は似非医学部受験者。
多かれ・少なかれ、女子・多浪の差別はみんな知っているよ。
医学部受験サイトに昔からその旨は記載されている。



あなたにオススメ