「美容室」の倒産が過去10年で最多に迫る勢いに→ネットの反応まとめ

2018年1-11月に全国で発生した「美容室」倒産は86件に達し、年間では過去10年で最多になる可能性が高くなった。「美容室」の倒産は過半数が個人企業で、従業員5人未満が全体の約9割を占めるなど、小・零細規模が多かった。新規参入が比較的容易なことから出店数が多く、市場に比べてオーバーストア(店舗過剰)の状況が常態化し、過当競争が一段と厳しさを増していることが浮き彫りになった。

 

※本調査の「美容室」は、TSR企業コードの「美容業」から抽出した。

 

◇2018年1-11月の倒産86件、過去10年で最多の可能性大
2018年1-11月の「美容室」の倒産は86件(前年同期比34.3%増、前年同期64件)と、2017年の1.3倍増で推移している。すでに11月の段階で、前年1年間の倒産件数72件を上回り、2008年以降の10年で最多だった2011年の91件を塗り替える勢いで推移している。
負債総額は29億1600万円(同9.6%増、同26億5900万円)で、前年同期を上回った。ただ、負債5千万円未満が73件(前年同期比40.3%増、構成比84.8%)と、小・零細規模が8割以上を占める一方、負債10億円以上の大型倒産はなく、平均負債額は3300万円の小規模にとどまった。

 

◇個人企業が過半数を占める
資本金別では、「個人企業」が48件(前年同期比118.1%増、前年同期22件)と倍増し、「個人企業」が全体の過半数(構成比55.8%)を占めた。このほか、「1百万円以上5百万円未満」が21件(前年同期比12.5%減、前年同期24件)、「5百円以上1千万円未満」が9件(同28.5%増、同7件)と続く。「1億円以上」は発生なし(前年ゼロ)だった。
また、従業員別では5人未満が77件(前年同期比42.5%増、構成比89.5%)と約9割に達し、小規模・零細企業の倒産が多いことを示した。

 

◇原因別、販売不振(業績不振)が最多
原因別では、「販売不振」(業績不振)が78件(前年同期比41.8%増、前年同期55件)が最も多かった。全体に占める構成比は90.6%で、同業他社との過当競争を浮き彫りにした。
形態別では、事業消滅型の破産が79件(前年同期比31.6%増、前年同期60件)と全体の9割(構成比91.8%)を占めた。業績不振に陥った事業者では、事業再生が難しいことを示した。

 

◇地区別、9地区のうち8地区で倒産発生
地区別では、全国9地区のうち四国を除く8地区で倒産が発生した。最多は近畿の33件(前年同期25件)。次いで、関東20件(同24件)、中部16件(同3件)、九州6件(同7件)、中国3件(同ゼロ)、北海道3件(同1件)、北陸3件(同ゼロ)、東北2件(同3件)の順。
前年同期比では、北海道、中部、北陸、近畿、中国の5地区で前年を上回った。

 

◇美容室数、10年で11.8%増
美容室は、開業での店舗建物、設備・備品などの設備投資が比較的小さいことから、新規参入が比較的容易なため、オーバーストア(店舗過剰)を招きやすい体質があると指摘されている。
厚生労働省の「衛生行政報告例」によれば、美容室(美容所)数は2008年度に22万1394施設だったが、2017年度は24万7578施設に達し、この10年で2万6184施設(11.8%)増加した。
大手7社の国内コンビニエンスストアの店舗数が5万5564店(日本フランチャイズチェーン協会調べ、2018年10月時点)と比べて約4.5倍に相当し、その多さが実感できる。
また、従業美容師数も、2008年度の44万3944人から、2017年度は52万3543人にのぼり、この10年で7万9599人(17.9%)も増加した。
美容室市場は、このオーバーストアを背景に、クーポン割引、ポイントカード等の多用などによる過当競争が厳しさを増し、ここへきて経営体力を消耗して息切れする事業者が多くなっているとみられる。

美容室経営者では、経営上の問題として「客数の減少」と「客単価の低下」を上位に挙げている。特に、「客数の減少」は深刻で、地方を中心に人口減少に加え、年に数回しか利用しない客層が拡大していることが影響している。

 

また、「客単価の低下」は、“1000円カット”などの低価格サービスや値引きキャンペーン、低価格店の増加で、過当競争に拍車がかかっている。
さらに、集客方法でもチラシ広告など紙媒体から、検索・予約が可能な集客サイトへの掲載が目立つようになってきた。これは店舗周辺の固定客で成り立った営業方法が年々、難しくなってきていることを示している。

 

美容室関係者の間では、今後、業界は小規模事業者の減少を横目に見ながら、低価格美容サロンチェーンと高級志向のサービスを提供するサロンに二極化が進むとの予測が強まっている。
いずれにしても当面、消費者(利用客)が価格と質(技量、満足感)を求める動きは強まるとみられ、オーバーストアの中で業界内の淘汰は避けられないとみられる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00010002-biz_shoko-bus_all



ネットの反応まとめ

 

・美容室は増えたなと思っていましたが、倒産も増えましたか。
でも床屋の方がもっと厳しそう

 

・確かに美容室多すぎるな
しかもやたら高い

 

・美容室に限らずスーパー、コンビニ、飲食店など多すぎると思う。
結果、従業員もお客様も確保できなくて苦しくなっている。
新しい店舗を増やすより既存の店舗に設備投資したり従業員に還元して充実させてほしい。

 

・美容院も歯医者も、お店の数は多いですが、上手なところは限られています。
自分に合った、技術のあるお店を見つけるまでは色々と回ります。

 

・人口も減ってきてるのに店が増えても収益もあげにくいのは当然。
これからもっと厳しくなると思う。

 

・ご時世ですね、カット、洗髪、髭剃りなど別料金にしている理髪店も多いと思うけど、月一などでカットする人はかなり少ないでしょ、白髪染めも自宅でする人も多いだろうしね

 

・住宅街にも必ず1~2軒あるからね、予約のみで本当に商売成り立ってるのか疑問だったけどやっぱ潰れているのね

 

・美容室、歯医者は多すぎ。
コンビニは同じ建物に何個も入ることは少ないけど、歯医者や美容室は同じビルに何個も入ったりするからね。

 

・美容室自体は多いけど、着物の着付けができる店は少ない。
着付けが上手な店が少ない。

 

・美容室の平日の昼ってガラガラだからね。
ほとんど横並びの休日と営業時間見直した方がいいと思う。

 

・1000円カットに女性が多くなったよな。



・歯科医と美容院はどう見ても多いよね。
人口少なくなってるのにね。

 

・「カリスマ美容師」なんて持ち上げられてた時代が懐かしいな。

毎年美容学校に入学する生徒の人数も多く、その半数は途中で別の職業に就いていてこの状況やからな。

 

・美容室はカード作ったりとかで
顧客の確保に必死だよね

寂れた美容室や床屋たくさんあるし
給料も厳しいんだろうな…

 

・美容室はカード作ったりとかで
顧客の確保に必死だよね

寂れた美容室や床屋たくさんあるし
給料も厳しいんだろうな…

 

・美容院、歯医者、薬局屋は、多いし、潰れる可能性高いですよね。特に地方はね。

 

・シャンプーやら、美容器具やら、サプリやらも販売している美容室も多い。
生き残るには、技術だけではダメなんだろうな
厳しいな

 

・美容室の値段が高過ぎるのだ。

 

・今までは美容室の4000円カットしてたけど近くにカット1600円の安いとこが出来、シャンプーやブローは無いけど変な髪形になる事もなく気に入ってる。予約もいらないし短時間でのカットはいいわ。

 

・美容室に限らず歯科医、接骨院、コンビニと多過ぎ。

 

・美容院ねぇ、やたら時間ばっかりかかって半日は潰れてけっこうとられる。それに比べ、1,000円カットで最近丁寧なところ見つけたので30分くらいで終わる。大差ないんですけどね。

 

・原因は2つ
少子高齢化
1000円カットの躍進

 

・11ヶ月で86件しか倒産してないって、、
少ないですね。

 

・そりゃ、、、1000円カットのチェーン店がたくさん出来て、価格破壊したからでしょ。

 

・経営のノウハウなく夢だけで開業しているお店が多いのかも知れない。
技術や感性、接客センスも高くなければ固定客がつくのは難しいと思う。
夢だけでは、持続は難しい時代だと思います。

 

・美容室はクーポンとか出して新規の客を取ろうとしてるけど、女性の場合は一つの店じゃなくて色々な店に行くからな。逆に理容室の場合は男性が多く利用するけど、一度行きつけになると男性は基本、店を変えることがないから安定する。近所の理容室なんかは、常連さんで、いつも予約埋まるって言っていたもんな。

 

・本当に全国で86軒だけ?なんだろか?
単純に平均しても各県2軒なら普通。
倒産だけなら全体の店舗の0.003%に過ぎない



あなたにオススメ