神奈川県大井町の東名高速道路で「あおり運転」を受けた車の夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた無職石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の論告求刑公判が10日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であり、検察側は「安心安全な自動車社会の実現のためにも、被告の行為は決して許されない」と述べ、懲役23年を求刑した。

 

同罪の上限は懲役20年だが、合わせて起訴した暴行罪なども含め求刑した。同被告は起訴内容を大筋で認める一方、弁護側は危険運転致死傷罪と予備的訴因の監禁致死傷罪は成立しないと主張。午後に最終弁論を行い結審する。判決は14日。

 

論告に先立つ意見陳述で、亡くなった夫の母(78)は「何という罪になっても、遺族には殺されたとしか思えない」と涙をぬぐいながら話し、妻の父(73)は「夫婦の命の重みに見合うぐらい長い時間、刑務所に入れてほしい」と述べた。

検察側は論告で、被告が高速道路上に車を止めたことは、危険運転致死傷罪の「重大な交通の危険を生じさせる速度での運転」に当たると指摘。停止行為が同罪の構成要件でないとしても、あおり運転が夫婦の車を停止させ、一家の死傷という結果を生じさせたと因果関係を主張した。監禁致死傷罪についても、被告は自身の車で夫婦の車の前進を不可能にし、夫への暴行で再発進も困難にしており、成立するとした。

 

弁護側はこれまでに、危険運転致死傷罪は走行中の行為を前提としていると主張。暴行で足止めした時間が約2分であることなどから、監禁に当たらないとして、両罪の無罪を主張している。

 

起訴状によると、石橋被告は昨年6月5日夜、東名下り線のパーキングエリアで、静岡市清水区の自営業萩山嘉久さん=当時(45)=に駐車方法を非難されたことに憤慨。時速約100キロで萩山さん一家が乗った車を追い抜き、車線変更して進路をふさぐなどの運転を繰り返し、追い越し車線上に停車させて追突事故を誘発、萩山さんと妻友香さん=同(39)=を死亡させたほか、娘2人にもけがをさせたとされる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000028-jij-soci



ネットの反応まとめ

 

・何とかして、こいつを重罪にしようとする皆んなの気持ちが、少しは実を結んだかな。
それでも軽いと思うけど…

 

・「停まっているから危険運転致死ではない」
こんな屁理屈がまかり通る司法であってほしくない。
残された子供のことを思うと、胸が痛い。
遺族の気持ち考えたら言葉もでない。

 

・心情的にはもっと重くて当然だと思うが・・・

 

・個人的には最低でも懲役30年は欲しかったが、しかし司法の限界。
検察はがんばってくれたと思う。
二度と社会に出てきてほしくないが、刑務所で反省して欲しい。

 

・裁判員は控訴審で簡単にひっくりかえるような判断はできないから、
法の判断と裁判員の社会常識の判断のバランスを取るのが難しい。
でも裁判員裁判の意義が問われる場面なので、ぜひ裁判員には
自分たちの社会常識感覚を優先した判断をしてほしいと思う

 

・娘さんたちのそのときの心境を考えたら本当に涙がでる。
親が殺されるかもしれないという恐怖、
そして事故にあい、両親が消えたと認識していた。
さらに死亡したと告げられ
将来真っ暗になっただろう。

幸せだったはずの家族に自分勝手な理由で逆ギレして、
事故を引き起こして死なせた罪は重い。

 

・道路交通法の中では、23年は長い方でないでしょうか。もっと長くても良いと思いますが… 執行猶予等つく事なく確定して欲しいものです。

 

・23年入ったら、出てきたときの世界もだいぶ違うし、車や、高速は自動化なのかな。この刑罰が、現在でもまだ煽ってくる方々に効くと良いけどね。

 

・高速道路という状況を考えれば、運転停止を要求する行為自体が死の危険と直結する訳で、被告人の言う法には当てはまらないという弁護サイドの入れ知恵を論破するに十分足りると思います。ただ問題は最長23年刑期を務めても、彼が更生する可能性は無さそうだということ。

 

・亡くなられた方を思うと、割り切れないが、法律を捻じ曲げてまで、感情よりの判決をしてしまうと、どこかの国と一緒になってしまう。

 

・求刑としては最大限に近いと思います。ただ、実際判決が出ても間違いなく控訴するだろうし、最高裁までいくのでは?その時にどうなっているのか?注目してみたい。

 

・何気に難しい裁判だよね
どの法律にも当てはまる部分もあり当てはまらない部分もある
誰もがこんな事件が起きるとは想定していなかったんだろう
今後この事件が前例として引き合いに出される訳だから司法は慎重に判断して欲しい


・皆さんが望む通り、私ももっと厳しい沙汰があってもいいと考えますが、現在の司法で限界と言える判決なのかな、とも思います。

 

・正直妥当な求刑でしょう。自己満足な行動の時点で他人に少しでも迷惑をかけてしまう事を人は知るべき。この結果は交通関係だけではなく社会生活全てに当てはまる。皆平等に生活してる事を今一度知るべきだと思う。そうすれば事故の無い生活だって夢じゃないと信じてます。

 

・極刑を望む声が多いね。
弁護側も、被告の無罪を主張することの苦しさよ。
監禁ではない。危険運転致死ではない。のかもしれないが
人が2人も亡くなっている。
どうひっくり返っても重罪であってほしい。

 

・司法は前例にのっとって判決を下すことが多いから、本来ならもっと厳しくしておかないといけない。
でも今の法律ではこれが限界なんだろうと思う。
政治家には道交法の改正を求める。

 

・本件は法の適用が難しい部分がある。こんな事件こそ裁判員裁判で国民の倫理観を重視して裁いてほしい。

 

・正直極刑でいい。
検察側はかなり頑張って言っているとは思う。
だけど常々思うが日本は犯罪者に甘い。
ましてや故意にやっていたり悪意に満ちた犯罪者にまで軽い刑なのはどうかと思う。

 

・みんな重い刑にしたいのはわかるけど、これくらいが司法の限界なんだろうね。

検察の方は頑張ったと思うよ。。

 

・「停まっているから危険運転致死ではない」
こんな屁理屈がまかり通る司法であってほしくない。
残された子供のことを思うと、胸が痛い。
遺族の気持ち考えたら言葉もでない。
どんな判決が出ても遺族が納得できる判決はないと思うけど責め少しでも遺族の気持ちを考えた判決が出ることを願う。

 

・石橋被告に懲役23年とは残された遺族にとって短いと思うが、極刑に処されても亡くなった両親は戻って来ないので、一日でも長く収監されるのが遺族の願いであると思う。
この事件後もあおり運転を繰り返し、それを楽しむかの様な行動は刑期を終えて出てきてもまた繰り返す気がする。

 

・人ではなく、法が裁くという原則はわかる。
が、「原則とは特別な場合は別として」である。
日本国民が、この事件を受けてドライブレコーダーを
購入したのは危険を感じた。警察なども国民からの対応に
追われた特別な場合に相当すると思う。

 

・検察は今できる法律の中で最大限の求刑をしてくれたように思います。本当はもっと重刑を希望しますが。あとは裁判官がどう判断してくれるかですね。加害者は反省もしてないし更生の余地はないと思います。被害者家族の心情、世間に与えた影響も踏まえてどうか検察側の求刑通りにしてほしいです。



あなたにオススメ